インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家具 ソファ

それで大丈夫?後悔しないソファの選び方

2016/11/28

ソファの選び方

ソファを選ぶときに、上着を着たまま、靴を履いたまま、ちょこんと座って、すぐに「これはいい!」「これはダメだ」なんて座り心地を判断していませんか?

良く見かける光景ですが、この選び方は間違っています。ソファは大きな買い物。選び方を一つ間違えると、一生後悔します。

そんな後悔をしないためにも、正しいソファの選び方を学びましょう。

スポンサーリンク

ソファ選びの基本

LOOK!
ソファを「お店で選ぶ環境」と「自宅で使う環境」は全く異なる。

ソファはお店ではなく、家でくつろぐための家具です。始めに理解しておきたいことが、「お店」と「自宅」ではソファを使う環境が違うということです。

お店と自宅の違いを知る

インテリアショップでソファを選ぶ際に、厚着をしたり靴を履いたまま座ると思いますが、実際に家で座るときは、そんな恰好をしている人はまずいません。

自宅でソファを使うには、靴や上着を脱いで、足を伸ばして深く座ります。深く座ることで、目線や座り心地も少し異なってきます。

また、家ではテレビや映画鑑賞をするためにソファでくつろぐので、長時間利用します。少し座っただけでソファの良し悪しは判断するのは、間違った選び方です。

自宅をイメージして選ぶ

インテリアショップでは少し緊張しながらソファを選んでしまいがちですが、自宅に近い状態で選ぶことがポイントです。

自宅でくつろぐことをイメージして、上着や靴を脱ぎ、深く座り、リラックスした状態で30分以上座ることが正しい選び方です。

展示のソファにダマされない

LOOK!
「展示のソファ」と「納品したソファ」の見た目のギャップが生じることがある。

インテリアショップに展示してあるソファ。素敵の色、理想的なサイズ・ボリューム感、質感などなど。ついつい憧れて勢いで購入してしまいますよね?

でも、実際にソファを納品してみると「なんかお店と雰囲気が違う」とギャップを感じることがあります。

その原因は、お店と自宅では「光り」と「空間」の違いにあるからです。

光りで色の見え方が変わる

LOOK!
展示のソファは、経年変化や日焼け、光りの当たり方などで色が異なって見える。

色は、光の当たり方で大きな違いが生まれます。光りによる色の影響は、自宅の照明の色だけではなく、自然光にも左右されます。

お店と自宅の照明の違いや、自然光の当たり方、室内に入る光の量によって、微妙にソファの色にも違いが出てきます。

ソファの色のギャップをなくためには、インテリアショップの方に協力してもらい、自宅の照明の色に近い場所や、自然光が良く当たる場所に動かし、本当の色を確認しましょう。

また、革製品のソファは個々に色の見え方が微妙に変わる他、経年変化による風合いの違いが大きいので注意。

実際にインテリアショップで働いていた時、異なる2店舗で同じ商品の同じソファの生地を見たお客様が、色の違いに驚かれるのを経験したことが多々あります。

展示ソファの色に騙されないのが正しい選び方のポイントです。

空間の広さで見え方も変わる

LOOK!
お店は「開放的」な空間。自宅は「閉鎖的」な空間。

ソファの置いてあるインテリアショップは、天井が高く、周りに壁がない開放的な空間になっているので、ソファが少し小さく感じます。

ソファを置く家は、周りは壁に覆われ、天井も圧迫感があります。閉鎖的な空間では、お店で見たときよりも存在感があり、圧迫感が生じます。

お店の見た目に騙されず、適切なサイズを考えることが正しい選び方です。最近では、3Dシュミレーターでサイズ感も簡単に確認できるインテリアショップもあるので、積極的に活用してソファと空間のバランスを考えましょう。

まとめ

ソファは、質の良いものを選べば10年、それ以上使うことができます。長く付き合う相棒の選び方は慎重に行いましょう。

《3年間保障》ソファなどオリジナル家具ならArmonia

▼あわせて読みたい記事

-家具, ソファ
-

おすすめの記事

おしゃれな家具の通販サイト 1
【プロが厳選】安くておしゃれな家具通販サイトのおすすめ11選

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安くておしゃれな家具が欲 ...

2
【マネするだけ】6畳の正しいインテリアレイアウト

6畳の部屋にインテリアをレイアウトしても、 部屋が狭く感じる ゴチャゴチャした感 ...

3
イームズチェアのリプロダクトのおすすめは?種類別に徹底紹介!

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻込みしてしまう人も多 ...