インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

インテリアのおすすめの本

インテリア計画 レイアウト

センスが面白いほど伸びる!インテリアのおすすめ本7選

更新日:

元家具屋
実例集なんかよりも学ぶことの多い、本当に価値のあるインテリアの本をご紹介します。

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販でも手軽に手に入るようになりました。

しかし、さまざまなインテリアの本があるなかで、「どんな本を読めば本当に参考になるのか」と迷うのではないでしょうか?

そんな悩みを解決するために、インテリアコーディネーターの仕事をするうえで、「コレはみんなに読んでほしい!」と思った、おすすめの本を7冊ご紹介します。

「家具の選び方が分からない」「センス良くコーディネートするには?」「インテリアの勉強がしたい!」などの悩みを解決できます。

スポンサーリンク

家具とインテリアの基本が分かる本

インテリアの基本の本

本のタイトル:家具の教科書

ソファやベッド、ダイニングテーブルなどの大型家具の基本的な選び方から、木材や塗装の種類まで詳しく記載されている「家具の教科書」。

元家具屋
「建具の色にあわせた家具の選び方」や、「スタイル別のコーディネートのポイント」も分かりやすく解説されている本です。

消費者として知っておきたい家具の基礎知識的なことが書かれていて参考になります。よくあるナチュラルインテリアの本とは少し内容が違っていて、木製家具を検討するなら一度読んでおいて損はないと思います。

出典:楽天ブックス:家具の教科書 - 賢い選び方から部屋づくりの基本まで

「こんなときはどうするの?」という疑問もQ&A形式で詳しく記載されており、思わず「なるほど」と、うなるような内容の本でした。

家具の選び方からコーディネート、インテリアの簡単な歴史まで分かる本なので、初心者におすすめの本です。

インテリアを勉強したい人におすすめの本

インテリアの基礎が分かる本

本のタイトル:住まいのインテリア設計

「家具の教科書」よりもインテリアの広い分野について触れてある「住まいのインテリア設計」。

ひとつのテーマについて見開きで完結しており、ページの半分は写真、残りは説明文が記載されている読みやすい本です。オールカラーの写真や図解を豊富に取り入れているので、初心者でもわかりやすい内容です。

インテリアの勉強をしたい人やこれから家を建てる人におすすめ。絵を使って説明されているから、素人の私にもわかりやすかった。この本にもっと早く出会いたかった。

出典:Amazon.co.jp:住まいのインテリア設計

インテリアを1から勉強したい人なら持っていて損はない本です。インテリアコーディネーターの資格を勉強するときの入門書としてもおすすめ。

同じようなスタイルの本で、「世界で一番やさしいインテリア」 もあります。個人的には「住まいのインテリア設計」の方がおすすめですが、気になる人はチェックしてみてください。

元家具屋
インテリアの基礎を学ぶのにはおすすめ。この本で広い分野を学び、興味がある分野が出てきたら、他の専門書に移ってみると良いです。

照明の基礎がすべて分かる本

インテリア照明の本

本のタイトル:世界で一番やさしい照明

「家具教科書」「住まいのインテリア設計」にも照明について触れている章がありますが、より照明について詳しく学びたい人におすすめの本が「世界で一番やさしい照明」。

一般住宅の照明のプランニングのポイントや、各部屋の照明の選び方が写真と図解で詳しく紹介されている本です。

このシリーズは全般的に分かりやすい内容のシリーズですが、”照明”は、インテリアデザイナーや建築家の弱いところに手が届く感じの分かりやすい内容でした。特に、住宅の照明に関する部分はすぐに使えそうで参考になりました。

出典:Amazon.co.jp: 世界で一番やさしい照明 増補改

「住まいのインテリア設計」と同様に、1つのテーマについて見開きで完結しており、右ページは解説文、左ページは図解が記載されている読みやすい本です。

元家具屋
店舗系などのちょっとマニアックな内容もあるので、照明を極めたい人におすすめの本です。

生活や住まい色のトリビアが分かる本

色彩の教科書

本のタイトル:わかる! 使える! 色彩の教科書

「わかる! 使える! 色彩の教科書」は、色彩学の理論に基づき、身近な題材を使いながら分かりやすく解説している本です。

前作にも似たようなタイトル「わかる!使える色彩学」という本が出版されていますが、こちらはブラッシュアップされた書籍です。

ビジネスで使える色の与える影響やインテリアやファッションまで、わかりやすく、楽しく学ぶことができます。女性は特に、トレンチコートの選び方や似合わない色の合わせ方などは、私と同じように悩んでる方も多いと思いますので、参考になるのではと思いました。

出典:Amazon.co.jp: わかる! 使える! 色彩の教科書

人の好奇心を揺さぶるような興味深い内容ばかりなので、色について苦手意識を持っている人にもおすすめしたい本です。

元家具屋
インテリアとは直接関係ない内容もありますが、カラーコーディネーターや色彩検定の勉強の「入門書」としてもおすすめ。

配色に迷っている人におすすめの本

インテリア配色の本

本のタイトル:色彩センス

インテリアのコーディネートを行うとき、「色の組み合わせ」で悩んだ経験はありませんか?

微妙な変化で表情を大きく変える色に、苦手意識を感じている人も多いでしょう。しかし、「インテリア」と「色」は切っても切れない関係。インテリアで占める配色の重要度は極めて高いのです。

そこで参考にしたいおすすめの本が「色彩センス」。

この本は、インテリアについて触れる内容がほとんどないものの、「ポップならこんな配色」「ノスタルジックならこの配色」と、さまざまシーンにあわせた色の組み合わせが詳しく載っている本です。

デザインにおいて色をセンスよく、効果的に使うことは常に大きな課題です。本書では、400以上の配色を、今のデザインシーンにマッチしたイメージワード別に見ることができます。

出典:Amazon.co.jp: 色彩センス: リアトリス・アイズマン

この本を読めば、インテリアで使う色の組み合わせの知識が身に付きますし、配色で困った時の辞書のように使うことができます。

家具デザイナーやPOP、ファッション関係などのデザイナーにもおすすめできる本です

元家具屋
専門書のような感じなので、配色をガッツリ学びたい人に向いている本。初心者は、「使える色彩学」からスタートしましょう。

インテリアのプロの経験が凝縮された本

インテリアのプロの本

本のタイトル:居心地の良いインテリア セオリー50

インテリアコーディネーターとして活躍している著者が、長年の経験からたどり着いたノウハウを一冊にまとめた本。

元家具屋
理論的に学ぶような参考書とは違い、小説のようにスラスラ読みながらノウハウが頭に入ってくる本です。

家具の選び方なども紹介されていますが、私がインテリアの専門学校で習っていたような根本から理解できるあたりが、他の本とは異なるおすすめポイントです。

素人では知りえないインテリアの理論を、著者の自宅写真付きで分かり易く説明してあります。私は、今までは流行りや思いつきで中途半端に家具を買っていたのですが、これからはしっかりした考えで選ぶことができそうです。

出典:Amazon.co.jp: 居心地の良いインテリア セオリー50

著者はホテルライクなインテリアを好んでおり、本で紹介している家具も上質で高価なモノばかり。

テイストに偏りが見られますが、コーディネートの概念はだれもが共通して使えるノウハウなので、その辺は気にせず読んでほしい本です。

収納が苦手な人におすすめしたい本

インテリア収納の本

本のタイトル:住まい方ハンドブック

「住まいのアドバイザー」として2,000軒以上の収納の悩みを解決し、テレビや雑誌で大活躍する近藤典子。

そんな収納のプロのノウハウをまとめた本が「住まい方ハンドブック」。人体寸法に基づいた理論的な収納方法を、リアルな消費者の生活目線でアドバイスしてくれる本です。

写真やイラストを使ってわかりやすく解説されているので、片づけられないと悩める主婦にも心強い1冊だと感じました。

出典:暮らしを整える 住まい方ハンドブック

部屋別のより具体的な収納については2巻目に記載されているので、気になる人はLDK・洗面所編もおすすめです。

ちなみに、「人生がときめく片づけの魔法」という本で有名な近藤麻理恵さんとは親子ではありません。気になったので調べてみました。

元家具屋
家具の選定・コーディネートはインテリアの一部。収納術をマスターして美しく保つことも大切です。収納に困っているなら、この本を手に取ってみてください。

まとめ

ご紹介したインテリアのおすすめの本をまとめます。

  • 家具の教科書
  • 住まいのインテリア設計
  • 世界で一番やさしい照明
  • わかる! 使える! 色彩の教科書
  • 色彩センス
  • 居心地の良いインテリア セオリー50
  • 住まい方ハンドブック

インテリアの本を初めて買う人におすすめなのは、「家具の教科書」 です。

この本さえあれば、家具の選び方からスタイル別のコーディネートのポイントが手に取るように分かります。

より基本的なことを勉強したい人におすすめの本は、「住まいのインテリア設計」 です。

ネットではさまざまなインテリアの情報が手に入りますが、きちんと勉強したいなら、分かりやすくまとまっている本の購入がおすすめ。

プロが監修しているので情報の正確性に長けており、読み込めばインテリアのセンスが飛躍的に伸びますよ。

このサイトの運営者

管理人
インテリアの専門学校を卒業し、家具屋に勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

みんなが読んでる記事

おしゃれな家具のおすすめ通販サイト 1

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安く ...

おすすめのビーズクッション 2

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソ ...

6畳のインテリアレイアウトの実例 3

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 4

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻 ...

インテリアのおすすめの本 5

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販で ...

-インテリア計画, レイアウト
-

Copyright© インテリアスタイル , 2017 AllRights Reserved.