インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

引っ越し

二人暮らしの初期費用っていくら必要?実際に掛かった額を公開!

2016/11/28

二人暮らしの初期費用

同棲や結婚を考えているカップルや夫婦は、「二人暮らしの初期費用って、どれくらい必要なのか?」と気になることでしょう。

初期費用は、契約する物件やそろえる家具の内容によって大きく変動しますが、おおよその目安を知っておくことは重要。

そこでこの記事では、実際に二人暮らしをスタートしたときに必要になった初期費用を、以下の3つに分けてご紹介します。

  • 契約金
  • 家具や家電、雑貨
  • 引っ越し代

初期費用を安くおさえるポイントについても解説するので、さいごまでしっかりチェックしましょう。

スポンサーリンク

二人暮らしの契約金の目安

「契約金」とは、物件を借りる前に不動産会社に支払う初期費用です。

契約金の内容は以下の通り。

  • 敷金
  • 礼金
  • 家賃前払い
  • 仲介手数料
  • 鍵交換料
  • 損害保険料
  • 保証人代行料

項目が多いように思えますが、私が二人暮らしのときに支払った初期費用は20万円ほど。家賃は6万5千円の物件でした。

家賃の金額によって左右されるので、契約金の目安は20~23万円前後を想定しておきましょう。

不動産会社によっては、契約時に害虫駆除のための「清掃」を勧めてきます。

清掃代として1万円ほどとられますが、長期的な効果は期待できないので断りましょう。二人暮らしの初期費用をおさえられます。

敷金は家賃の1~2カ月分

敷金とは、入居中に大きな傷を付けた場合などに修繕費用として当てられる「保険金」のようなもの。

退去時に特に大きな汚れや傷を付けない限り、クリーニング代金として3~4万円ほど差し引かれますが、残りは原則として返還されます。

ほとんどの場合、家賃の1~2カ月分を請求されます。物件によっては、0カ月とされている場合も。

敷金なしの物件は二人暮らしの初期費用がおさえられますが、退去時にクリーニング代として定額(3万円前後)を支払います。

つまり、クリーニング代を「契約時に支払う」か「退去時に支払うか」という違いがあるのです。

礼金は家賃の0~2カ月分

礼金とは、大家さんに「これからお世話になります」という意味を込めた謝礼金です。

敷金と違って、退去時には1円も戻ってきません。

個人的には、これから毎月の家賃を支払うのに、さらに謝礼金の支払いを要求する大家さんには疑問を感じています。

ホントに意味のない出費なので、二人暮らしの初期費用をおさえるためにも、礼金0円の物件を見つけましょう。

礼金が1カ月と表記されている物件でも、交渉次第では0円にできます。不動産会社に相談することをおすすめします。

家賃の前払い

契約時に、「契約する月の日数分の家賃」と「翌月分の家賃」をまとめて支払います。

たとえば、契約を開始する日が1月20日の場合、1月20~31日までの12日間分の家賃と、2月分の家賃を初期費用として支払います。

たまに、入居後の一定期間の家賃が無料となる「フリーレント」と呼ばれる物件もあります。

「家賃が3カ月間は無料」となることもあるので、二人暮らしの初期費用をおさえたい場合は、「フリーレント」というキーワードも覚えておきましょう。

仲介手数料は家賃の0~1カ月分

仲介手数料とは、不動産会社に「物件を紹介してくれたサービス料」として支払う初期費用です。

不動産会社によって設定金額が異なりますが、家賃の約0.5カ月分が一般的。

過去に、大手の不動産会社で「仲介手数料は家賃の1カ月分」と設定されていましたが、交渉で0.5カ月分に下げてもらったことがあります。

二人暮らしの初期費用をおさえたいカップルは、不動産会社に交渉してみましょう。

鍵交換料は0~1万円

契約する物件の鍵を交換するための工事料金です。

鍵をそのままにすると、前の入居者に侵入される危険性があるため、新しいものに交換します。

物件によっては、大家さんが無料で交換してくれることも。

損害保険料は1万5千円

「損害保険」とは、住宅が火災や空き巣の被害に遭った場合に保証してくれる保険です。

契約のときに必ず加入します。

損害保険は1万5千円前後が相場で、2年間の契約が一般的。2年後の契約更新時に、初期費用と同じ金額を支払います。

スポンサーリンク

家具や家電の初期費用

二人暮らしの物件が決まったら、次にそろえるのが家具や家電。

家具の出費の目安

私たちの場合は、家具をほぼ一式そろえたので、70万円近くの初期費用がかかりました。

選ぶブランドの価格帯や部屋の広さによって差が開きますが、1LDKの場合、二人暮らしの家具をそろえる初期費用は40~70万円ほどと考えておきましょう。

具体的には、以下のような家具が必要です。

  • 照明【2万】
  • 時計【1万】
  • ラグ【2万】
  • 布団【3万】
  • ミラー【5千】
  • ソファ【10万】
  • カーテン【2万】
  • テレビボード【2万】
  • 寝具一式【5万】
  • ナイトテーブル【1万】
  • キッチンボード【5万】
  • キャビネット【5万】
  • ダイニングテーブル【7万】
  • ダイニングチェア4脚【8万】
  • ベッドフレームとマットレス【15万】

ただし、手持ちの家具を持ち込んだり、リサイクル品を上手に使えば、二人暮らしの初期費用がおさえられます。

また、安くてもおしゃれなインテリアが通販でも手に入るため、あわせて利用してみましょう。

家電の出費の目安

  • テレビ【5万】
  • 冷蔵庫【3万】
  • 洗濯機【4万】
  • 掃除機【2万】
  • 炊飯器【5千】
  • ドライヤー【5千】
  • 電子レンジ【2万】

基本の家電を一式そろえるなら、15万円前後が目安と考えましょう。

上記のほかに、季節の家電なども必要になります。夏なら扇風機、冬ならヒーターやこたつも視野に入れましょう。

大気汚染などに敏感な人は、空気清浄機も購入します。また、共働きで忙しければ、食器洗い機があると便利です。

調理器具や日用品の目安

大型の家具や家電で頭がいっぱいになりますが、二人暮らしをスタートされるには、調理器具や日用品などの細かい物もそろえる必要があります。

たとえば、以下のような調理器具や日用品を購入します。

  • ハンガー
  • 収納用品
  • 掃除用具
  • 包丁
  • まな板
  • フライパン
  • ヘラや菜箸など
  • ごはん茶わんやコップなど

ホントにさまざまな物を買いそろえる必要があります。

調理器具や日用品の初期費用は、おおよそ5万円前後を想定しておきましょう。

不要な家具の処分費用

カップルのどちらかが一人暮らしをしているなら、二人暮らしに不要な家具や家電を処分するケースも考えられます。

家具や家電を処分する場合には、基本的に粗大ごみとして捨てるので、1つ300~1,000円前後の費用が発生します。

私たちの場合は、10点で6,000円ほどの出費がかかりました。

安く済ませたい場合は、リサイクルセンターなどに売るか、無料で引き取ってもらいましょう。

二人暮らしの引っ越し代の目安

実家や一人暮らしの家から荷物を持ち込むなら、引っ越し代がかかります。

自分たちで引っ越しをする場合

二人暮らしの初期費用をおさえたいなら、軽トラをレンタルしましょう。1日借りてガソリン代を含めても、1万円前後で済みます。

ただし、引っ越しを自分で行うのは以下のような作業を、すべて自分たちで処理する必要があります。

  • 段ボールを近所のスーパーからもらう
  • 積み込む荷物を箱につめる
  • 軽トラを借りる
  • 荷物の積み込みをする
  • 軽トラを運転する
  • 荷物を下ろして設置
  • 軽トラを返却する
  • 荷物を箱から出して整理する
  • 大量の段ボールを自分たちで処分する

これらに加えて、「事故」や「住宅に傷を付ける」などのリスクも負います。当日の天候によっては、雨の中の作業を強いられることもあります。

過去に、二人暮らしの初期費用をおさえるために軽トラで引っ越しをしたことがありますが、「もう二度と自分たちでやらない」と決心するほど大変でした。

冷蔵庫やベッド、洗濯機などがあると過酷です。

引っ越し会社に依頼する場合

これに対して、引越会社に依頼すれば、重い荷物の積み込みから荷卸しまで行ってくれます。

段ボールやガムテープも無料で届けてくれ、使い終わった段ボールは、後日回収してくれます。

当日の天候も気にしなくて良かったので、引っ越し当日は精神的に楽でした。

依頼する前までは、「少し高いな」と思っていましたが、安心・安全な引っ越しを行うには、業者に依頼することをおすすめします。

積み込む量によって価格が大きく変動しますが、一人暮らしの引っ越し代は、3~6万円前後が相場。

見積もりではじめに高額な料金を提示されますが、半値くらいに下げられるので、交渉してくださいね。

私は、電話で「7万円です」と見積もられましたが、最終的に35,000円に値下げしてもらいました。

複数の引っ越し会社に依頼して、「○○引っ越し会社は○○円でしたよ」と引き合いに出すと効果的です。

大手引越業者のプランを徹底比較

まとめ

契約する物件やそろえる家具の内容によって大きく変動しますが、二人暮らしの初期費用は、余裕をもって約100万円を考えておきましょう。

引っ越しの物件を探しに行ったり、家具や家電を見に行く交通費もかかります。引っ越してからも近所の方にあいさつに行くので、数千円の出費が発生します。

また、「二人暮らしをスタートしたけど、初期費用で貯金が0円になった」というのも不安なので、うまくバランスを考えて家具や家電をそろえましょう。

家具を選ぶときは、お互いの意見がぶつかってケンカにならないようにしましょうね。

-, 引っ越し
-

おすすめの記事

おしゃれな家具の通販サイト 1
【プロが厳選】安くておしゃれな家具通販サイトのおすすめ11選

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安くておしゃれな家具が欲 ...

2
【マネするだけ】6畳の正しいインテリアレイアウト

6畳の部屋にインテリアをレイアウトしても、 部屋が狭く感じる ゴチャゴチャした感 ...

3
イームズチェアのリプロダクトのおすすめは?種類別に徹底紹介!

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻込みしてしまう人も多 ...