インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

メイクをするときの照明

家電 照明

美しくメイクをするための照明テクニック

更新日:

「自宅でメイクをするときの照明のポイントは?」と女性のお客様からご相談を受けたので、お答えします。

外出する前に洗面所でしっかりメイクをしたはずなのに、外出先の鏡で自分の顔を見ると「あれ?」と違和感を覚えたことってありませんか?

メイクが完璧だと思っても、場所が変わると厚化粧に見えたり、逆に顔色が悪く見えることってありますよね。

実はそれ、ご自宅でメイクをするときの照明に原因があるかもしれません。洗面所やドレッサーの照明に問題がある場合、メイクが思うように仕上がらないのです。

では、どうすれば美しくメイクができるのか?この記事で詳しく解説します。

スポンサーリンク

メイクの明かりは「女優ライト」がお手本

メイクの照明は女優ライトがお手本

女性なら誰しも、「メイクをするときの照明は、女優ライトが良い」と聞いたことがあるのではないでしょうか?

女優がメイクをする楽屋には、鏡の周りに丸い照明がいくつも並んでいる化粧台があります。

デパートの化粧品売り場にも、左右上下に照明が付いている鏡が設置されていますよね。

さまざまな角度から均等に顔を照らしてくれる照明は、前髪や鼻、あごの下の影を消して、正しくメイクができます。

自宅でメイクをするときも、上からの光だけではなく、左右から光を拡散するように照明を配置しましょう。

女優ライトを自宅で再現する方法

女優ライトの作り方

女優ライトを自宅で再現するとなると、「ちょっと大変そう」と思ってしまいますよね。

「高額な費用や工事が必要なのでは?」と心配する女性もいますが、安心してください。女優ライトは工夫次第で簡単に再現できます。

天井の照明をつける

まずはメイクをする部屋の天井照明を点灯してください。

照明には「電球色」と「昼白色」があります。後ほど詳しく解説しますが、外出先の明かりの色と照明の色を合わせると、自然なメイクに仕上がります。

天井からの光で、メイクに必要な全体的な明るさを確保します。

壁面の左右を照らす

天井からの照明は顔を全体を明るくしてくれますが、影ができやすいのが難点。

そこで必要なのが、左右からの光。洗面所やドレッサーの壁面を「クリップライト」で照らします。壁面を照らすことで、顔にできる影がなくなります。

照明で顔を直接照らすとまぶしく感じるので、壁に反射したやわらかな光を利用するのがポイント。

クリップライトは角度や設置場所を手軽に変えられるので、実際にメイク台の前に立ち、「どの位置なら影ができにくいか」をチェックしながら微調整してください。

片方の壁面だけ照らすと、反対側に影ができてしまうので注意。この場合は、本などで簡易的な壁を作って光を反射させましょう。

寝室のドレッサーなどで化粧をするならば、天井照明を背にして座ったときに、自分の影で顔が暗くなる可能性があります。

この場合は、クリップライトを2つ以上設置して、上と横から照らすと良いでしょう。

置き型の照明を設置する

上と左右からの照明だけでも十分ですが、環境によっては、あごの下や首が暗くなりがち。「顔」と「首」の化粧に差が生まれる恐れがあります。

解消法は、メイク台に置き型の照明を設置します。全方向に広がるタイプの照明を置けば、あごの下から首まで明るくなります。

天井灯・壁面の反射光・置き型の照明の3つで、影のできない「女優ライト」ができます。

置き型の照明は、場所の確保を確認してから購入してくださいね。

メイクには電球色と昼白色はどっちが良い?

メイクの照明の色

「メイクをするときの照明は、電球色と昼白色のどっちが良いか?」

美しいメイクを目指す女性であれば、照明の色も気になるところ。洗面所などの電球をそろそろ切り替えようと思っている女性も、電球色と昼白色のどちらにしようか迷いますよね。

電球色と昼白色の違い

電球色と昼白色は、それぞれ特徴が異なります。

電球色は、オレンジに近い温かみのある色が特徴。血色がよく見える効果があります。一方の昼白色は、日中のような白くて爽やかな明かりで、白い色が強調されます。

外出先に合わせて選ぶのが正解

メイクの照明の色を選ぶときは、「どこに外出するために化粧をするかか」がポイント。

たとえば、日中の仕事で外出する前の朝は、太陽の光に近い昼白色を選びます。

電球色を多く使うレストランやホテルに外出する場合は、オレンジ色の照明でメイクをすることが基本です。

「これからどこに行き、そこではどんな光の色か」をイメージし、外出先と同じ光でメイクすると自然に仕上がります。

ざっくり分けるなら、日中の外出なら「昼白色」、夜間の外出なら「電球色」がおすすめです。

まとめ

メイクをするときの照明は、影ができにくい「女優ライト」がお手本です。

自宅で女優ライトを再現するには、上下左右から照らすように意識しましょう。照明の色は、外出先に合わせて使い分けるのがポイント。

メイクは照明の工夫次第で劇的に変わります。クリップライトで簡単に女優ライトを再現できるので、試しに使ってみてください。

このサイトの運営者

管理人
インテリアの専門学校を卒業し、家具屋に勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

みんなが読んでる記事

おしゃれな家具のおすすめ通販サイト 1

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安く ...

おすすめのビーズクッション 2

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソ ...

6畳のインテリアレイアウトの実例 3

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 4

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻 ...

インテリアのおすすめの本 5

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販で ...

-家電, 照明

Copyright© インテリアスタイル , 2017 AllRights Reserved.