インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

オーナメント アート

たったコレだけ?ファブリックボードを超簡単に手作りする方法

2016/11/28

ファブリックボードの作り方

ファブリックボードは既製品でも売られていますが、高くて購入をあきらめる人も多いはず。

実際に私も購入をあきらめ、「自分で手作りしよう!」と考えました。

でも、はじめてファブリックボードを手作りする人にとって、「何が必要で、どういう手順で作れば失敗しないの?」と不安に思いますよね。

そこでこの記事では、ファブリックボードの手作りに必要な方法と、作り方の手順について解説します。

スポンサーリンク

ファブリックボードを手作りする前に確認すること

ファブリックボードの作り方を紹介する前に、大切なことを2つ確認しましょう。ここで確認をしないと、飾った時に違和感を覚えます。

早く作りたい気持ちをグッとこらえて、しっかりチェックしましょう。

サイズは適切か

ファブリックボードのサイズの選び方

ファブリックボードをはじめて手作りする人にありがちな失敗が、小さいサイズを作ろうとすること。

自信がなくて小さいファブリックボードに挑戦したい気持ちも分かりますが、サイズが小さいと周りのインテリアに埋もれて、ファブリックボードの存在が薄れます。

たとえば、30cm角くらいのファブリックボードでは、飾った時のボリュームが足りません。

ファブリックボードを大きなサイズに変更するか、ボリュームを持たせるために2~3つに増やしましょう。

柄とインテリアのバランス

ファブリックボードの柄の選び方

ファブリックボードはインテリアの一部。好きな柄を選んで良いわけではありません。

たとえば、「モダン」なインテリアに「ポップ」な柄のファブリックボードを飾っても浮いて見えますよね?

ファブリックボードを飾るときは、柄とインテリアの「調和」を考える必要があります。

「この柄が好きだから」で選ぶのではなく、「この柄がインテリアに合うから」という理由で選びましょう。

スポンサーリンク

ファブリックボードを作るために必要な道具

ファブリックボードのサイズと柄が問題なければ、道具をそろえましょう。手作りに必要な道具は以下の4つ。

  1. ファブリックボードの「生地」
  2. 生地を貼るための「板」
  3. 固定するための「タッカー」
  4. シワを伸ばす「アイロン」

メインの「生地」

ファブリックボードを手作りするときに欠かせない生地は、インテリアのバランスを考えて選びましょう。

どのくらいのサイズが良いのか分からないときは、紙切れを飾りたい壁面にあてて、ベストなプロポーションを探しましょう。

頭でイメージしても、実際に飾ってみるとサイズが小さくて後悔することもあります。面倒でも確認することをおすすめします。

土台になる「板」

ファブリックボードの土台となる板は、100円ショップなどで売っているコルクボードでも代用できます。

ペラペラの薄い板はタッカーが貫通して格好が悪いので、2~3cm程度の厚みのある板がおすすめ。

特に、べニアパネルなどのしっかりとした板だと、手作りした時に安定感があります。

板が大き過ぎると作れないので、生地よりも5cm以上は小さいべニアパネルを選びましょう。

ベニヤパネルを見る

固定するのに必要な「タッカー」

タッカーとは、壁や板に打ち付けるホチキスのことです。

ホームセンターや100円ショップで、300~700円くらいで販売されています。買いに行くのが面倒な場合は、通販サイトを利用しましょう。

タッカーを見る

シワを伸ばす「アイロン」

生地にシワがあるとダサいので、アイロンで伸ばしましょう。スチーム付きのアイロンだとシワが良く伸ばせます。

貼ってからでは手遅れなので、ファブリックボードを手作りする前にアイロンがけをしておきましょう。

スポンサーリンク

ファブリックボードの作り方

ファブリックボードの道具がそろったら、さっそく手作りしましょう。5分ほどで女性でも簡単に手作りできる方法をご紹介します。

生地のシワを伸ばす

生地を板に張り付けてからシワを伸ばすのは難しいので、先にアイロンがけをします。

端切れの生地はクッキリと折り目が付いているので、入念にシワを伸ばしましょう。

生地と板を合わせる

ファブリックボードの生地の間隔

表現したい生地の場所を決めて、板に合わせます。周りに5cm以上の余裕がないと上手に止められないので気を付けること。

生地がたるんでいると格好が悪いので、シワを伸ばすようにピンとさせながら合わせましょう。

タッカーで4カ所だけ固定する

ファブリックボードをタッカーで固定

はじめに上下を折り込んで、一カ所ずつ固定します。次に左右を一カ所ずつ固定します。

ここで一度、表にしてシワやたるみがないか確認してください。本格的に固定すると手遅れです。ファブリックボードの柄の位置も狙い通りか確認しましょう。

本格的に固定する

ファブリックボードを完全に固定する

問題なければ、間隔を空けてタッカーで固定していきます。角の方は生地が余るので、たたみ込んで固定します。

ファブリックボードの裏側は見られることはないので、丁寧に作る必要はありません。生地が取れるのが心配なら、ガチガチにタッカーで固定してください。

完成したら飾る

ファブリックボードの飾り方

ファブリックボードが出来たら、さっそく飾りましょう。

飾り方は自由ですが、「どのように飾るか」でファブリックボードの見え方もまったく異なります。

せっかく頑張って手作りしたのに、もったいない飾り方をしては意味がありません。

ファブリックボードの魅力を引き出すためには、飾り方にも意識を向けましょう。

さいごに

ファブリックボードの作り方は簡単ですが、インテリアとの調和を意識して、柄やサイズを選びましょう。

「なんかおしゃれに見えない」と違和感を覚えたら、ファブリックボードのサイズや柄がインテリアに合っていないからです。

潔く選び直すことも考えてみましょう。

-オーナメント, アート

おすすめの記事

おしゃれな家具の通販サイト 1
【プロが厳選】安くておしゃれな家具通販サイトのおすすめ11選

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安くておしゃれな家具が欲 ...

2
【マネするだけ】6畳の正しいインテリアレイアウト

6畳の部屋にインテリアをレイアウトしても、 部屋が狭く感じる ゴチャゴチャした感 ...

3
イームズチェアのリプロダクトのおすすめは?種類別に徹底紹介!

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻込みしてしまう人も多 ...