鉄とテフロン加工のフライパン

https://interior-style.tokyo

【鉄vsテフロン】フライパンはどっちがおすすめ?使い比べた結果

更新日:

元家具屋
フライパンは、鉄とテフロンのどちらを選ぶべきか?「それぞれの違い」と、「両方使った個人的な評価」の2つを解説します。

フライパンを初めて買う、あるいは、フライパンを買い替える予定の方は、鉄とテフロン(フッ素)加工はどっちが良いのか迷うのでは?

私は一人暮らしを始めて以来10年間、毎日のように料理をしていますが、ずっとテフロン加工のフライパンを使っていました。

しかしあるとき、鉄のフライパンを使っている友人から、「料理がおいしくなる」「すごくおすすめ」と教えてもらったので使ってみことにしました。

果たして、鉄のフライパンはホントにおすすめできるのか?テフロン加工と何が違うのか?使い比べた結果を、みなさんにシェアします。

スポンサーリンク

「鉄」と「テフロン(フッ素)加工」の違いは?

まずは、鉄とテフロン加工のフライパンの違いについて解説します。

使い比べたのは「遠藤商事 鉄黒皮厚板フライパン (鉄)」と「ティファール フライパン (テフロン)」の2つ。

それぞれのメリット・デメリットを整理しました。

鉄のメリット・デメリット

鉄のフライパンのメリットとデメリット

鉄のフライパンを選ぶ最大のメリットは、何と言っても「長く使える」ですね。手入れの仕方によっては、半永久的に使えます。

鉄のフライパンをおすすめしてくれた友人は、もう10年以上使っています。

また、フライパンに含まれる鉄分も微量に摂取ができます。初めて聞いたときは疑いましたが、ホントです。

鉄のメリット

  • 長く使える
  • 鉄分を摂取できる
  • 料理がおいしくなる

一方、鉄のフライパンのデメリットは、手入れが面倒であること。

調理中は、食材がフライパンにこびりついてイライラ。後片付けの時も、こびり付いた汚れをタワシでゴシゴシ落とすのに一苦労。

油がフライパンになじむまでは、かなり面倒に感じるかもしれません。

鉄のデメリット

  • 手入れがすごく面倒
  • サビる
  • 重い
  • タワシが必要
元家具屋
鉄のフライパンは、使い始めの手入れがとにかく面倒。辛抱強く付き合えば、長く使えます。
229view
鉄のフライパンのメリットとデメリット
使って分かった!鉄のフライパンのメリット・デメリット

「長く使える」として、主婦や料理男子から人気の鉄のフライパン ...

続きを見る

テフロン加工のメリット・デメリット

テフロン加工のフライパンの危険性

慣れるまでが面倒な鉄に対して、テフロン加工は手入れがものすごく楽です。

鉄を使った後にテフロンを使ってみると、思わず「やっぱ楽だなー!!」と感動しました。食材が一切、こびり付きません。

サビないので、洗った後の水気を放置しても大丈夫。余計なストレスを感じさせない点では、かなり優秀です。

テフロン加工のメリット

  • サビない
  • 焦げにくい
  • 洗いやすい
  • 軽い(鉄に比べて)

テフロン加工のフライパンのデメリットは、寿命が短いところです。

経験上、ホームセンターの安物のフライパンだと1年くらい、ティファールの上等なフライパンでも3年は持ちません。

「使い捨てる」と聞くと、やはり後ろめたい気持ちもありますよね。

また、使い方を間違うと、フライパンン表面のフッ素が溶けて有害物質が発生します。

テフロン加工のデメリット

  • 寿命が短い
  • 使い方を間違うと毒ガスが出る
元家具屋
テフロン加工のフライパンは、手入れがすごく楽。鉄と使い比べて痛感しました。ただし、寿命は2年前後と短期間。
1,548view
テフロン加工のフライパンの危険性
テフロン加工のフライパンは危険?安全?毒性について調べてみた

「焦げ付きにくい」「汚れが付きにくい」ことで有名な、テフロン ...

続きを見る

フライパン買うなら鉄とテフロンのどっち?

では、どっちがおすすめか?結論を出します。

手入れが好きなら「鉄」

鉄のフライパンは、「料理が好きな人」ではなく「手入れが好きな人」におすすめです。

使い始めは、ホントに苦労します。料理をしてはすぐに汚れがこびり付く、終わった後はこびり付いた汚れを落とす…これを毎日繰り返さなければなりません。

私は料理も掃除も好きなので、「鉄のフライパンの手入れも苦にならないだろう」と考えて購入しましたが、実際は違いました。

正直に申し上げると、もう二度と、あんな苦労を味わいたくありません。鉄は一生使えるとされていますが、一生使いたくありません。

今はもう、キッチンのシンク下に押し込んでいます(邪魔)。

手入れが嫌いなら「テフロン加工」

テフロン加工のフライパンは、「手入れが苦手」「料理や洗い物でストレスを感じたくない」という人におすすめです。

鉄を使った後にテフロンで料理してみると、使いやすさ、手入れのしやすさに感動しました。「手入れをしなければならない」と言うストレスから開放されたのです。

元家具屋
テフロン加工のフライパンが万人向けだとしたら、鉄のフライパンは人を選びます。

ちなみに、テフロン(フッ素)加工は再コーティングできるので、使い捨てではありません。鉄と同様、長く使えます。

まとめ

鉄とテフロン加工、両方のフライパンを使いましたが、私はテフロン加工のフライパンをおすすめします。

たしかに、鉄のフライパンは長く使える点では魅力的です。でも、自分はその言葉に踊らされて失敗しました。

10年間楽しかった料理が、鉄に変えたとたんに苦痛に変わったのです。

よく調べてみると、テフロンは業者に頼めば再生できますし。となると、なぜ鉄を選ぶ必要があるのでしょう?理由なんて、ありませんよね。

元家具屋
世間では鉄のフライパンブームが到来していますが、私は背伸びせず、手入れが楽なテフロン加工を使い続けます。

おすすめ記事と広告

みんなが読んでる記事5選

348,666view
おしゃれな家具のおすすめ通販サイト

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安く ...

71,133view
ビーズクッションのおすすめ3選

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソ ...

261,609view
6畳のインテリアレイアウトの実例

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

28,324view
イームズチェアのリプロダクトのおすすめ

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻 ...

18,014view
インテリアのおすすめの本

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販で ...

-雑貨・日用品, キッチン用品
-

Copyright© インテリアスタイル , 2017 All Rights Reserved.