総額いくら?トリップトラップを買ってから追加で頼んだオプション品

おしゃれな家具紹介サイトの管理人 インテリアコーディネーター

2020-04-04

総額いくら?トリップトラップを買ってから追加で頼んだオプション品

ストッケ「トリップトラップ」は単体でも使うことができますが、小さい子どもが使うときは別売りのオプション品が必要になります。

私の場合は、

の4つ(うち3つが有料)のオプション品を購入したため、椅子本体とは別に19,735円かかりました。チェア本体が30,250円なので、総額で49,985円です。

ベビーセット:7,975円

ベビーセットを取り付けたトリップトラップ

ベビーセット

ベビーセットは、トリップトラップに1人で座れない子どもをしっかりと支えるオプション品です。首がすわって1人座りができる生後6カ月から使いはじめ、チェアに上り下りができる3歳ごろまで使用できます。

3歳未満の子どもをトリップトラップに座らせるには取り付けが必須となります。

関連記事
ストッケ「ベビーセット」をトリップトラップに取り付ける方法
ストッケ「ベビーセット」をトリップトラップに取り付ける方法

ストッケ「トリップトラップ」のチェアに「ベビーセット」を取り付ける方法をご紹介します。

続きを見る

ハーネス:6,600円

ハーネスで固定される赤ちゃん

ハーネスは、トリップトラップに座る赤ちゃんをしっかり固定するためのオプション品。ベビーセットだけでは子どもが立ち上がったときに危ないので、3歳になるまで取り付けることが推奨されています(必須ではありません)。

実際、私の子は生後8ヵ月ごろに椅子から立ち上がるようになり、そのたびに「バランスを崩したら、落下してしまうのでは?」と不安だったため購入しました。

関連記事
トリップトラップからの落下を防ぐ!「ストッケ ハーネス」を買ってみた
トリップトラップからの落下を防ぐ!「ストッケ ハーネス」を買ってみた

ストッケのハーネスは、トリップトラップに座る子どもが立ち上がらないようにし、転落事故などを防ぐための商品です。

続きを見る

7年間延長保証:無料

トリップトラップの7年間延長保証の登録方法

トリップトラップは、購入日から1年間の通常保証に加えて、「延長保証サービス」を提供しています。これにより、1年間の保証が7年間に延びます。

延長保証は、自動的に付与されるものではなく、購入者自身で登録する必要があります。ストッケの延長保証データベースにアクセスし、自ら登録を行うことで、7年間の延長保証がつきます。

延長保証の登録は無料です。詳しい登録方法は以下の記事で解説しているので、未登録の方はご参考に。

関連記事
トリップトラップの7年間延長保証の登録方法
トリップトラップの7年間延長保証の登録方法

ストッケ「トリップトラップ」は、通常1年間の保証がついていますが、それを7年間に延長できます。この記事では、登録方法について詳しく解説しています。

続きを見る

名入れサービス:5,160円

名入れしたトリップトラップの背板

トリップトラップを販売しているストッケでは、背板に好きな文字を彫れる「エングレービング」サービスを受け付けています。私は子どもの名前を彫ってもらいました。

名入れは、店頭で受け付けているほか配送も可能。店頭であれば名入れ代金3,300円のみとなりますが、配送となると往復の配送料と手数料がかかります。

配送料はお住いの地域で異なります。私の場合は1,860円の配送料と手数料がかかり、合計で5,160円でした。

関連記事
名入れしたトリップトラップの背板
トリップトラップに名前を入れてみた~エングレービングの利用方法

トリップトラップは、背板に好きな文字を彫ってもらえます。今回は、この名入れサービスを実際に申し込んだので、利用法などをご紹介します。

続きを見る

まとめ

トリップトラップにはさまざまなオプション品が用意されています。

3歳未満にはベビーセットの装着が必須。ハーネスは必須ではありませんが必要性の高いオプション品です。7年間延長保証名入れサービスはおすすめのオプションです。

このほかにもクッショントレイなどストッケ公式のオプション品がありますが、不要だと判断したため購入しませんでした。

追加で購入したオプション品があれば、追記したいと思います(多分、もうないかな)。

関連記事と広告

-トリップトラップ
-

© 2021 インテリアスタイル