インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

ファブリック ラグ

カーペットをコロコロで掃除するのはダメ?使わない方が良い理由

2017/01/11

カーペットのコロコロ掃除のデメリット

毎日の掃除って大変ですよね?掃除のたびに掃除機を出すのも面倒。そこで役に立つのが、カーペットクリーナ(通称 コロコロ)です。

掃除機のようにコンセントにつなぐ必要がないコロコロは、カーペットのゴミを取り除くのも簡単。毎日の面倒な掃除を手助けしてくれます。

しかし、コロコロの掃除にはデメリットがあります。

この記事で、カーペットにコロコロを使わない方が良い理由と、正しい掃除の方法を解説します。

スポンサーリンク

カーペットクリーナー(コロコロ)のデメリット

コロコロ掃除をおすすめしない理由

カーペットを傷つける

コロコロはゴミやホコリを粘着質のテープで取り除けますが、同時に、カーペットの繊維を痛めて商品寿命を縮めます。

強力な粘着テープはカーペットの繊維をムリヤリ引っ張り、抜ける必要のない繊維まで抜けてしまいます。

掃除機をかけた後に「仕上げ」としてコロコロを使用するのも避けましょう。熱心にコロコロを使うことは、カーペットを傷つけているだけです。

取り除けるのは表面のゴミだけ

カーペットにコロコロをすると、粘着テープにゴミがビッシリ。掃除している感もあって満足してしまいます。

でも、キレイになっているのはカーペットの表面だけ。カーペットの掃除をコロコロだけで終わらせていると、繊維の奥深くにゴミやチリが残っています。

表面だけをキレイしても、カーペットの奥には汚れがたまって不衛生。そんな汚いカーペットでは、くつろぎたくありませんよね?

コロコロに頼らず、カーペットを正しく掃除しましょう。

カーペットの正しい掃除方法は?

コロコロを使わない掃除の方法

手軽に掃除ができるコロコロがカーペットに使えないとしたら、どのようにメンテナンスをすれば良いのでしょうか?

掃除機のかけ方

カーペットをキレイにするためには、定期的に掃除機をかけることをおすすめします。

掃除機で掃除するときのポイントは以下の3つ。

  • 2日に1度は掃除機でゴミを吸い取る
  • パイルの毛並みを起こす方向に掃除機をかける
  • 裏返してゴミと湿気を取り除く

掃除機をかけるのは面倒ですが、2日に1度は掃除機をかけてください。パイルの毛並を起こす方向に掃除機をかけることで、ふんわり感が保て、繊維の奥に入り込んだゴミを吸い取れます。

カーペットは裏返して風を通すことも大切です。乾燥していればホコリもとれやすく、ダニ対策にもなります。天日干しは色落ちするので避けましょう。

また、カーペットの向きを変えられるなら、定期的に向きを回転させてください。負荷を分散させ、繊維へのダメージを少なくします。

汚れが付いた場合は?

カーペットが汚れた場合は、放置せずに、すぐに拭き取りましょう。

汚れは乾いた雑巾で拭きとり、ぬるま湯に溶かした中性洗剤をタオルに含ませ、「トントン」と強く叩くように拭いてください。カーペットに汚れが広がらないように拭き取ることがポイント。

放っておくと汚れが染み付き、二度と取れなくなります。ダニも寄り付き、臭いも発します。

まとめ

カーペットにコロコロを使用すると、繊維を痛めて商品寿命を縮めます。カーペットの繊維の奥の汚れやゴミも取れないので不衛生。

コロコロで掃除をするよりも、しっかりと掃除機でゴミを取り除きましょう。

どうしても手軽なコロコロを使用したい場合は、カーペットの繊維を痛めない「エチケットブラシ ぱくぱくローラー」がおすすめ。コロコロと同じように使え、騒音が気になる夜にもサッと使えるので私も愛用しています。

ぱくぱくローラーの詳細を見る

-ファブリック, ラグ
-

おすすめの記事

おしゃれな家具の通販サイト 1
【プロが厳選】安くておしゃれな家具通販サイトのおすすめ11選

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安くておしゃれな家具が欲 ...

2
【マネするだけ】6畳の正しいインテリアレイアウト

6畳の部屋にインテリアをレイアウトしても、 部屋が狭く感じる ゴチャゴチャした感 ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 3
イームズチェアのリプロダクトのおすすめは?種類別に徹底紹介!

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻込みしてしまう人も多 ...