クッションフロアのワックス掛け

クッションフロアにワックス掛けって大丈夫?正しい手入れの方法

更新日:

クッションフロアの住宅に住んでいる方なら、「ワックスは掛けるべきか?」と、一度は悩みますよね。

掛けるべきだとしても、市販のフローリング用のワックスでも大丈夫なのかと疑問に思うはず。

そこでこの記事では、クッションフロアの正しいお手入れ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

クッションフロアとは?

そもそも、「クッションフロア」とは、どのような素材なのでしょうか?

素材は塩化ビニール

クッションフロアとは、ビニール製の床材のことです。クッション性・弾力性があり、爪で押し込むと少しプニッとします。

昔は床材と言えば「木のフローリング」が一般的でしたが、メンテナンスがしやすく施工が簡単なことから、クッションフロアも広まりつつあります。

デザイン性が豊かな床材

クッションフロアの表面には、木目や石目など、さまざまなデザインや色がプリントされています。

トイレ・キッチンなどの水回りだけではなく、リビング・ダイニング・寝室などの幅広いシーンで利用されている床材です。

ワックス掛けをしても大丈夫?

クッションフロアにワックスを掛けても問題ありません。

ワックスを掛けることで床の表面に保護膜ができ、傷や汚れから守ってくれます。ツヤが出て見た目にもキレイに仕上がるため、ワックスを掛けた方が清潔をキープできます。

どのワックスなら使える?

クッションフロアには、「使って良いワックス」と「使用禁止のワックス」があります。

使えるワックスの例としては、「リンレイ オール 」が挙げられます。ホームセンターなどでよく見かける、あの黄色いボトルのワックスです。

反対に、「フローリング専用 」などと記載があるワックスは、クッションフロアに使えません。必ず、商品パッケージの「用途」や「使えない床」の項目をチェックしてください。

ワックスの掛け方

  1. 床表面の汚れを拭き取る
  2. 床を乾燥させる
  3. ワックスを掛ける

先に汚れを拭き取りましょう。ホコリや汚れがあると、ワックスのなじみが悪くなります。

ワックスを掛けるときは、布に含ませてから伸ばすようになじませます。

ちなみに、「ワックスワイパー 」を使えば、立ったまま作業ができるので腰が痛くなりません。作業効率もグッと上がるため、時短もできますよ。

ワックスを掛け後の普段のお手入れ

クッションフロアにワックスを掛けた後は、掃除機掛けと定期的な水拭きだけでキレイが長続きします。

水拭きの目安は月に1度か、汚れやベタベタが気になったとき。また、水滴を放置すると変色の原因になるため、すぐに拭き取りましょう。

ワックスが剝がれてきたら、一度ワックスを落としてから、改めて塗りなおしてください。

まとめ

クッションフロアは、ワックス掛けをして問題ありません。

むしろ、クッションフロアは黒ずみやすい床材なので、ワックスを掛けて保護してあげた方がキレイをキープできます。

ワックスを選ぶときは、クッションフロア(ビニール製の床)対応の製品を選んでくださいね。

おすすめ記事と広告

みんなが読んでる記事5選

348,675view
おしゃれな家具のおすすめ通販サイト

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安く ...

71,135view
ビーズクッションのおすすめ3選

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソ ...

261,616view
6畳のインテリアレイアウトの実例

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

28,324view
イームズチェアのリプロダクトのおすすめ

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻 ...

18,015view
インテリアのおすすめの本

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販で ...

-掃除, 掃除の方法
-,

Copyright© インテリアスタイル , 2017 All Rights Reserved.