インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

照明の色温度について

照明の色温度とは?電球選びで知っておきたい基本の知識

更新日:

電球や照明を選ぶときに、「色温度」というキーワードを耳にしたことがあると思います。この色温度の違いによって、光の見え方や部屋の雰囲気がガラッと変わります。

では、何が違うのか?この記事で解説します。

スポンサーリンク


色温度とは?

照明のランプ(電球)の光りには、以下のようにさまざまな色のバリュエーションが存在します。

  • 電球色
  • 昼白色
  • 昼光色

電球を探しているときに、白っぽい光や、オレンジの光りを見たことがあるでしょう。この電球の光の色の違いが「色温度」です。

色温度の表し方

色温度の指数は、K(ケルビン)という単位で表記されます。ケルビンの数値が高いほど白くなり、低いほどオレンジになります。

色の見え方 光源 ケルビン
温かいオレンジ 白熱電球 2800K
電球色蛍光灯 3000K
温白色蛍光灯 3500K
自然な色 白色蛍光灯 4000K
昼白色蛍光灯 5000K
涼しい白 昼光色蛍光灯 6700K

「電球色」と呼ばれる照明はオレンジ色で、昼間の明るさを再現した白っぽい電球には電球に「昼」と記載があります。

おすすめの色温度は?

照明の色温度は、使用する場所によって使い分けます。

作業をするなら白

昼白色(5000K)はオレンジと涼しい色の中間となり、自然な光を演出できる色温度です。

昼光色(6000K)になると、涼しい青白い光になります。クールで冷たい印象を持ちますが、キッチンや勉強などの作業空間で、手元をはっきりと照らしてくれる色温度です。

作業が多い場所では、昼白色や昼光色などの白い色温度の電球を選びましょう。

くつろぐならオレンジ

電球色(3000K)はオレンジなので、暖かみのある落ち着いた空間を演出できます。

欧米諸国の照明を見てみると、一般家庭で昼光色を使う家庭はほとんどありません。「住宅は作業をする場所」ではなく、「くつろぐための空間」という認識が高いからです。

リビングや寝室などのくつろぎたい空間では、電球色などの落ち着けるオレンジの色温度の電球を選びましょう。

まとめ

照明の色温度とは、電球色の違いのことを指します。色温度はK(ケルビン)という数値で表現され、数値が高ければ白、低ければオレンジ色に近づきます。

寝室やリビングなど、くつろぐ場所にはケルビン値の低いオレンジ、子供部屋などの作業が多い場所ではケルビン値の高い白い電球を選びましょう。

おすすめ記事と広告



\ あの人に今すぐシェア! /

みんなが読んでる記事5選

おしゃれな家具のおすすめ通販サイト 1

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安く ...

おすすめのビーズクッション 2

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソ ...

6畳のインテリアレイアウトの実例 3

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 4

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻 ...

インテリアのおすすめの本 5

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販で ...

-家電, 照明

Copyright© インテリアスタイル , 2017 All Rights Reserved.