インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

パソコン部屋の照明

パソコン部屋が照明で快適に!負担を減らす3つのポイント

更新日:

元家具屋
目や肩の疲労を軽減するパソコン部屋の照明術を、インテリアコーディネーターがご紹介します。

家でのパソコン作業が多い人の悩みが、目の疲れや肩の凝り。

長時間のパソコン作業で「ピントが合わなくなる」なんてことも珍しくないはず。

実はその悩み、パソコン部屋の照明で解決できるかもしれません。

これからパソコン部屋の照明を計画している人や、目や肩こりに悩まされている人はご参考にしてください。

スポンサーリンク

パソコン部屋全体を明るくする

照明で明るいパソコン部屋

はじめに気にしたいのが、パソコン部屋全体の明るさ。

天井にある照明を点灯させて、パソコン部屋全体を明るくしましょう。

照明のタイプにもさまざまありますが、ほとんどの住宅では、円盤型のシーリングライトが備え付けられているはず。

シーリングライトで十分ですので、パソコンの作業時は、天井の照明を点灯させましょう。

日中で、十分な採光があるパソコン部屋であれば、無理に天井の照明を利用する必要はありません。

元家具屋
基本ですが、薄暗い部屋でパソコン作業をする人は少なくありません。視力低下を防ぐためにも、全体の明かりは確保すること。

手元も照明で明るくする

パソコン部屋のデスクランプ

次に気にしたいのが、手元の明かり。

シーリングライトに背を向けてパソコンの前に座っている方は、手元が暗くなっていませんか?

天井の照明でパソコン部屋全体を明るくできても、手元が暗い状態では目の疲れや肩こりの原因を生みます。

反対に、手元だけ明るくても、目にストレスを与えます。パソコン部屋の照明のポイントは、「部屋全体」と「手元」を明るくすることです。

元家具屋
利き手の反対側にデスクライトを置き、手の影ができないように工夫するだけで、目の負担が減ります。

照明は作業向きの昼白色を選ぶ

パソコン部屋の照明の色

さいごに気をつけたいのが、照明の色。

照明の色には、大きく分けて「オレンジ色」と「青白い色」の2種類があります。

リラックス効果があるオレンジ色の照明は、くつろぎたいときに使います。一方の青白い照明は、学校やオフィス向き。青白い光の下では脳が覚醒し、作業効率がアップするからです。

パソコン部屋の場合も、作業に向いている「青白い光」の照明を使いましょう。

元家具屋
天井にオレンジ色の電球を使っている場合、可能であれば昼光色に買い替えることをおすすめします。

まとめ

パソコン部屋の照明のポイントは、次の3つ。

  1. 部屋全体を明るくする
  2. 手元を照明で照らす
  3. 昼白色の電球を選ぶ

パソコン作業時は、適度な休憩も大切です。1時間に1度は手を止めて、遠くを眺めたり目を温めましょう。

落ち着ける空間を演出したいのであれば、フロアライトが役に立ちます。就寝前はオレンジ色のフロアライトだけを利用すれば、自然とリラックスができますよ。

インテリアの情報募集スタート!

インテリアの情報募集

インテリアスタイルでは、みなさまからの情報を募集しています。
新規オープンの家具屋情報・インテリアのイベント情報・おすすめの家具や雑貨など…インテリアに関する情報をお持ちでしたら、ぜひお知らせください!
寄稿はお問い合わせフォームからお願いいたします。

みんなが読んでる記事5選

おしゃれな家具のおすすめ通販サイト 1

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安く ...

おすすめのビーズクッション 2

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソ ...

6畳のインテリアレイアウトの実例 3

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 4

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻 ...

インテリアのおすすめの本 5

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販で ...

-家電, 照明

Copyright© インテリアスタイル , 2017 All Rights Reserved.