インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

ダサいシーリングライトをおしゃれにする

http://interior-style.tokyo

シーリングライトはダサい!照明でおしゃれな部屋にする方法は?

更新日:

元家具屋
この記事では、「シーリングライトがダサい理由」と「それに代わるおしゃれな照明」の2つを解説します。

インテリアの専門学校に通っていた時、照明の先生からこんな衝撃的な事実を教えてもらいました。

一般家庭でシーリングライトを使っているのは、日本をはじめとしたアジアだけ。

日本の住宅の天井に、当たり前のように設置されているシーリングライト。しかし、インテリアの先進国である欧米では使われないのが常識なのです。

事実、フランス人(姉の夫)に聞いてみたら、「フランスでシーリングライトを使っている家庭は見たことがないね」と答えました。

では、シーリングライトのどこがダサいのか?なぜ、日本で普及しているのか?その真相と、解決方法をまとめました。

スポンサーリンク


シーリングライトがダサい理由

シーリングライトとは、天井に設置されている全体照明のこと。主に、乳白色のカバーがされています。

空間にメリハリが生まれない

スイッチ1つで、部屋の隅々をパッと明るくしてくれるシーリングライト。天井の一番高い位置から、部屋の全体を照らしてくれます。

しかしその手軽さの反面、影ができないシーリングライトは、メリハリのないつまらない空間を生むのです。

空間の魅力を最大限に引き立てるためには、照明で「光」と「影」をうまく表現する必要があります。

なぜ、ダサいのに普及しているの?

シーリングライトが普及している理由

賃貸住宅や建売の物件で、必ずと言って良いほど、あらかじめシーリングライトが取り付けられています。

では、なぜダサいシーリングライトが、初期装備のごとく定着しているのでしょう?

その理由は、日本の住宅事情が関係しています。

狭い日本の住宅に適している

欧米に比べて日本の住宅は狭いため、天井からつり下げる照明は向きません。

たとえば、狭い部屋に豪華なシャンデリアがあると、圧迫感を覚えますよね。ペンダントライトも、場合によっては不向き。

それに比べて、余計な装飾がなく、空間を圧迫しないシーリングライトは、狭い日本の住宅にマッチしているのです。

経済的で便利

シーリングライトのもう1つのメリットが、経済的で手軽であること。

複数の照明をそろえると、それだけ購入費用が掛かりますよね。対して、シーリングライトはこれ1つで済みます。

また、「シーリングライトの光は、和紙の光とよく似ている」とされ、日本人が好むようです。

元家具屋
シーリングライトは経済的で日本の住宅にも適しています。しかしその分、メリハリのない空間を生むデメリットもあります。

シーリングライトは絶対に使わないべきか

シーリングライトはダサい照明ですが、この光が適している場合もあります。

たとえば、高齢者がいる家庭。目の悪い高齢者は、明るいシーリングライトの光を好むケースがあります。子どもが勉強をするときも、部屋全体を明るくするシーリングライトは必要。

シーリングライトの光に慣れている日本人が、急に薄暗い照明に変えても、生活が不便になることもあるのです。

「おしゃれな部屋にしたい!」「くつろげる空間にしたい!」という目的の方だけ、交換を検討してください。

シーリングライトに変わるおしゃれな照明は?

元家具屋
シーリングライトが嫌いなら、スポットライトに交換することで解消できます。

おすすめは「スポットライト」

シーリングライトを交換する

我が家の実践方法です。

「シーリングライト」を「スポットライト(シーリングスポット)」に付け替えます。

方向性のある光を再現できるスポットライトは、空間の光と影のバランスをうまく調整することが可能。

「照明を交換する」と聞くと、なんだか面倒そうですよね?

でも、安心してください。シーリングライトは女性1人でも、10分ほどで交換ができますよ。ほとんどの場合、工事は不要です。

シーリングライトの取り外し方は、以下の動画が参考になります。

シーリングライトを外したくない場合

シーリングライトと補助照明を組み合わせる

シーリングライトは、場合によっては使い勝手の良い照明です。

「シーリングライトを外したくない」「わざわざ交換するのが面倒」ならば、天井照明はそのままに、補助照明を設置しましょう。

補助照明とは、部屋の一部を明るくする照明です。置くだけのスタンド型照明などもあるため、手軽に設置ができますよ。

シーリングライトは日中だけ使用して、くつろぎたいときはスタンド照明を使えば、気持ちの切り替えもできますね。

まとめ

シーリングライトがダサい理由は、部屋をまんべんなく明るくしてしまうから。メリハリのない、つまらない空間を生みます。

スポットライトに交換したり、補助照明を組み合わせて、立体的な空間を表現すると良いでしょう。

照明で陰影を作るだけで、あなたの部屋が見違えるようにおしゃれになりますよ。

間接照明のテクニック
間接照明の基本テクニックと注意点

間接照明の光は、天井や壁などを照らした反射で、部屋全体をやわ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告



\ あの人に今すぐシェア! /

みんなが読んでる記事5選

おしゃれな家具のおすすめ通販サイト 1

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安く ...

おすすめのビーズクッション 2

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソ ...

6畳のインテリアレイアウトの実例 3

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 4

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻 ...

インテリアのおすすめの本 5

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販で ...

-家電, 照明
-, ,

Copyright© インテリアスタイル , 2017 All Rights Reserved.