インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家電 照明

シーリングライトはダサい?照明のプロが選ばない理由

2016/11/28

シーリングライトはダサい

日本の住宅で定着しているシーリングライト。

安定感のある人気のシーリングライトですが、おしゃれな部屋には取り付けられないのが常識。

照明デザイナーからは「ダサい」と評判が悪く、決して選ばれないのがシーリングライトです。

スポンサーリンク

シーリングライトをおすすめしない2つの理由

照明デザイナーからシーリンライトの評判が悪い理由は、2つあります。

影を表現できない

シーリングライトは、天井の一番高い位置から部屋の全体を照らします。

天井面から床面までを均一に明るくできますが、その反面、光の濃淡がないのっぺりした空間が生まれます。

つまり、影ができないシーリングライトは、メリハリのないつまらない空間になるのです。

おしゃれな部屋を見てみると、シーリングライトを取り付けているインテリアはありませんよね。

インテリアの先進国である欧米の一般住宅でも、シーリングライトを導入していません。

睡眠を妨げる

必要以上に明るくするシーリングライトは、見た目がダサいだけではありません。

昼間の太陽光のように天井から降り注ぐ青白い光は、夜間に浴びると脳を興奮させる副作用も持つのです。

「なかなか寝付けない」と悩んでいる人は、夜間にシーリングライトを付けていることが原因かもしれません。

なぜ、ダサいのに定着してるの?

では、なぜシーリングライトが日本の住宅に普及しているのでしょうか?

その理由は、日本の住宅事情が関係しています。

欧米に比べて日本の住宅は狭いため、天井からつり下げる照明は向きません。

たとえば、狭い空間にシャンデリアをつるすと、圧迫感を感じますよね。

スッキリとしたデザインのシーリングライトは、狭い日本の住宅にマッチしているのです。

また、和紙でできた光と似ているシーリングライトは、日本人の心になじむようです。

シーリングライトは取り換えるべき?

リビングのおしゃれな照明

雰囲気重視なら交換すべき

「実家はシーリングライトで、幼い頃からよく使っていた」という人も多いはず。

でも、おしゃれな部屋を目指す人や、くつろげる空間をつくりたいなら、シーリングライトの使用は避けるべきです。

間接照明などのやわらかな光を部屋に取り入れて、おしゃれな空間を演出しましょう。

子どもや高齢者がいるならそのままで

誤解しないでほしいのが、「シーリングライトはダサいし、すべて間接照明にするべきだ」と言っているのではありません。

シーリングライトの光に慣れている日本人が、急に間接照明だけの空間に変えても不便に感じます。

たとえば、高齢者がいる家庭では、シーリングライトの照明を好む場合もあります。

また、子供部屋などの作業をする部屋でも、空間全体を明るくする照明は必要です。

時と場合を考えて、シーリングライトの必要性を考えましょう。

まとめ

シーリングライトは部屋全体を明るくしてくれる便利な照明ですが、空間にメリハリが生まれません。

雰囲気を重視したい人は、間接照明とうまく組み合わせて、くつろげる雰囲気を演出すること。

高齢者や小さい子どもがいる家庭では、シーリングライトのほうが快適である可能性があります。この場合は、ムリに変える必要はありません。

-家電, 照明

おすすめの記事

おしゃれな家具の通販サイト 1
【プロが厳選】安くておしゃれな家具通販サイトのおすすめ11選

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安くておしゃれな家具が欲 ...

2
【マネするだけ】6畳の正しいインテリアレイアウト

6畳の部屋にインテリアをレイアウトしても、 部屋が狭く感じる ゴチャゴチャした感 ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 3
イームズチェアのリプロダクトのおすすめは?種類別に徹底紹介!

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻込みしてしまう人も多 ...