インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家電 照明

癒やしとおしゃれを演出する寝室の照明のセオリー

2016/11/28

寝室の照明のイメージ

照明は生活にうるおいを与え、快適な住まいをつくる手助けをしてくれるインテリアアイテム。

照明の選び方や配置を工夫するだけで、おしゃれでくつろげる空間を演出できます。

特に、一日の疲れを癒やす寝室は、適切な照明計画が必要です。

間違った知識で寝室の照明を計画すると、おしゃれに見えないどころか睡眠にも影響します。

寝室は寝るだけの場所ではありません。一日の終着点であり、出発点でもあります。

日々の暮らしを豊かにするためにも、寝室の照明の注意点や選び方、組み合わせの例をチェックしましょう。

スポンサーリンク

コレだけは避けたい!寝室の照明のNG例

寝室の照明の注意点

「夜なかなか眠れない」「しっかり寝たはずなのに熟睡感がない」と感じたことはありませんか?

実はその原因、寝室の照明の選び方にあるかもしれません。

照明と眠りには深い関係があり、「どんな光で過ごしてから寝るか」が、眠りの質を大きく左右するのです。

まずは、寝室の照明のNG例をご紹介するので、寝不足だと感じている人はチェックしましょう。

青白い光は目を覚ます

日本の家庭に人気の照明「シーリングライト」。

実はこの照明、寝室では使わないのが常識であることをご存じでしょうか?

昼間の太陽の明るさを再現したシーリングライトの青白い光は、脳を活発にさせ、睡眠を妨げます。

ベッドで横になったときも、まぶしい光が目に入り、目を覚まします。

さらに、寝室を均一に明るくするシーリングライトの光は、メリハリのないつまらない空間を生みます。

もし、寝室にシーリングライトのような青白い光があるなら、使用は控えましょう。

やわらかな光りの照明を効果的に使い、リラックスできる環境を整えるのがおすすめです。

見た目だけで選ぶと失敗する

寝室の照明は、「部屋に入った時の見た目」ではなく「ベッドで横になった時の環境」を考えることが大切です。

たとえば、ベッドの横におしゃれな照明を設置しても、ベッドで横になったときにまぶしく感じると目が覚めます。

天井をスッキリ見せるダウンライトも普及していますが、ベッドの真上に配置すると、まぶしくて気になります。

寝室に入った時の照明の雰囲気が良くても、快適ではない空間はインテリアとしては失敗。見た目に惑わされないように注意しましょう。

極端に暗くても不便

寝室が明るすぎると眠りを妨げますが、暗すぎるのも考えもの。

たとえば、天気が悪い日に、朝から部屋が暗いとスッキリ起きられません。

窓から十分な光りが得られない寝室は、特に注意しましょう。

快適な睡眠を得るための照明の選び方

快適な寝室の照明

ランプは電球色を選ぶ

照明の光の色は、大きく分けて以下の3つ。

  • 青白い「昼光色」
  • 太陽光に近いナチュラルな「昼白色」
  • 暖かみを感じさせる「電球色」

好みもありますが、寝室に最適な照明は、暖かみを感じさせ、リラックスできる「電球色」。

「昼光色」や「昼白色」は、学校や施設で作業をするときに必要な照明の色です。手元をくっきり照らしてくれますが、寝室には向きません。

また、寝室全体のバランスを考えて、照明の色をそろえることも大切。

フロアスタンドは青白く、手元の照明はオレンジだと違和感を覚えます。統一感を意識しましょう。

電球色のランプはコチラ

手元の照明はマスト

寝室で眠りにつく前に読書やスマホを操作するときのことを考えれば、手元を明るくする照明があると便利。

サイドテーブルに卓上の照明を設置しましょう。

ただし、ベッドに横になったときに、電球の光が目に入らないデザインを選ぶこと。

角度を調整して、まぶしさを回避できる照明も良いでしょう。

照明は複数を組み合わせる

寝室の照明は、複数を組み合わせるのが基本です。

照明が1つだけだと、寝室が暗すぎて不便に感じたり、雰囲気に応じて光りを調節できません。

壁や足元を照らす間接照明や、手元を照らすテーブルスタンド、寝室全体の明るさを補うフロアスタンドなどを組み合わせましょう。

照明が複数あれば、状況や気分によって寝室のムードを変えることができ、快適でおしゃれな雰囲気を演出できます。

おしゃれな照明の組み合わせ例

寝室の照明の組み合わせ例

ここからは、寝室の照明の注意点や選び方を踏まえて、組み合わせの例をご紹介します。

ベッド下の間接照明

寝室のベッド下の照明

若い世代を中心に注目を集めている間接照明。やわらかで幻想的な雰囲気を手軽に演出できます。

寝室で間接照明を設置する方法は、ベッド下に照明を仕込むだけ。照明をつければ、非日常の空間が広がります。

光源が見えないので、睡眠を妨げることもありません。

ベッド下の間接照明はコチラ

ベッドサイドのテーブルスタンド

寝室の場合、天井の照明では明るすぎるので、最低でもテーブルスタンドは設置しておきたいところ。

テーブルスタンドがあれば、寝る前の読書用の照明として使えます。

ダブルサイズよりも大きいベッドの場合、両サイドにテーブルと照明を設けると快適です。

寝室を2人で使うことも考えれば、それぞれの手元のための明かりとしても使えます。

シングルであれば片側に1つ置けば十分です。

テーブルスタンドを探す

明かりを補うフロアスタンド

寝室のスタンドライト

間接照明やテーブルスタンドだけでは、寝室に十分な光を得られない場合があります。そんな時はフロアスタンドを補助灯として置きましょう。

フロアスタンドは部屋の隅に設置します。寝室に余裕があれば、くつろぐためのソファを置き、隣に配置すると良いでしょう。

フロアスタンドを探す

天井照明はスポットライトに

寝室の天井照明

スポットライトは、寝室の壁やドアを照らすのに最適な照明です。寝室に絵画やポスターを飾る場合は、スポットライトで照らしましょう。

スポットライトの設置は難しくありません。シーリングの代わりに取り換えられます。

照らす角度も変えられるので、ベッドで寝たときに光りが目に入りません。シーリングライトよりも雰囲気を演出できるので、寝室の天井照明におすすめです。

スポットライトを探す

クローゼットの照明

寝室のクローゼットの照明

寝室にクローゼットがある場合は、専用の照明を設置すると便利。

寝室が暗いと良く見えなくて不便ですし、服の色が実物と異なって見える危険もあります。

電球の色は、服の色を間違えなく認識できることを優先して選びましょう。オレンジ色の電球色より、昼光色がおすすめです。

また、クローゼットを開ける度にスイッチを切り替えるのは面倒ですので、センサー付きの照明を設置すると快適です。

金具で取り付けるタイプもありますが、両面テープで固定すれば問題ありません。

クローゼット用の照明はコチラ

まとめ

寝室の照明は、眠りと深い関係があります。

シーリングライトのような青白い光は、脳が活性化するので使用や設置を避けましょう。

照明の色は、リラックスできるオレンジ色がおすすめ。

また、目に光が入っても眠りを妨げるので、ベッドに横になったときの状態で照明をチェックすることも大切。ランプが目に入らないように気を付けましょう。

寝室の照明の組み合わせ方は、

  • ベッド下の間接照明
  • 手元を明るくするテーブルスタンド
  • 全体を照らすスポットライト

などがおすすめ。明るさが足りないと感じたら、フロアスタンドなどを設置します。

収納がある寝室は、クローゼットの用の照明を取り入れると快適な空間が生まれます。

-家電, 照明
-

おすすめの記事

おしゃれな家具の通販サイト 1
【プロが厳選】安くておしゃれな家具通販サイトのおすすめ11選

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安くておしゃれな家具が欲 ...

2
【マネするだけ】6畳の正しいインテリアレイアウト

6畳の部屋にインテリアをレイアウトしても、 部屋が狭く感じる ゴチャゴチャした感 ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 3
イームズチェアのリプロダクトのおすすめは?種類別に徹底紹介!

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻込みしてしまう人も多 ...