インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

リビングや玄関の吹き抜けの照明

家電 照明

リビングや玄関の吹き抜けに照明を設置するときの3つのポイント

更新日:

元家具屋
吹き抜けに照明を設置するときの注意点と、おすすめの照明器具をご紹介します。

吹き抜けがある住宅に住んでいる、あるいはこれから住む人は、「どんな照明を選べば良いのか」と悩んでしまいますよね?

開放的な空間を演出できる吹き抜けですが、照明の設置には注意が必要です。どのような点に注意すれば良いか?この記事で詳しく解説します。

スポンサーリンク

照明はメンテナンス性を重視する

吹き抜けの照明のメンテナンス性

リビングや玄関の吹き抜けに照明を取り付ける場合、もっとも気をつけたいのがメンテナンス性です。

天井に埋め込み式はNG

これから家を建てる、またはリフォームをする人は、埋め込み式の照明を吹き抜けに取り付けないでください。

「埋め込み式の照明」とは、ダウンライトなどの天井に設備として取り付ける照明です。

吹き抜けの天井に埋め込み式の照明を取り付けると、電球の交換が困難になります。高さによっては、脚立を使っても手が届かず、自分でメンテナンスができません。

専門の業者を呼ぶことになるので、絶対に取り付けないでください。

手入れのしやすさが大事

メンテナンスが不便な位置に照明を設置してしまうと、使い勝手が悪くなり、せっかく取り付けても使用しなくなります。

電球の交換がしやすい、掃除がしやすいなど、日々の手入れのしやすさを重視しましょう。

傾斜のある吹き抜けで、低い天井にはダウンライト、高い位置には別の照明を取り付けるのはOKです。

高い位置に設置する場合も、「チェアの上に立って手が届く」程度にすると良いです。

元家具屋
メンテナンスがしやすい高さは3mまでが目安。ランプの交換が少ないLEDや蛍光灯を選びましょう。

吹き抜けは下から上に光を照らす

リビングや玄関の吹き抜けでは、照明で空間の大きさや開放感を最大限に表現することが大切です。

たとえば、光が下にしか向かないペンダントライトを使用すると、天井部分が暗く感じ、吹き抜けの開放感が台無しになります。

反対に、吹き抜けの下から天井に向かって光りを照らし、視覚的な誘導を図るとおしゃれで開放感が増します。

特に手の届くような低い位置に設置する場合は、上から下に照らすように意識してください。

元家具屋
吹き抜けの伸びやかさを生かすには、壁面を上方向に明るくすれば広がりが生まれます。

2階からの照明の見え方にも注意

吹き抜けの2階から見た照明

照明を手の届く位置に、吹き抜けの下から上に光が向くように設置すれば、メンテナンスしやすく開放感が増します。

これだけでも十分ですが、吹き抜けの2階から1階を見下ろせる場合は、照明のランプ(光源)が見えないように注意してください。

1階から吹き抜けを見上げた時にランプが見えなくても、2階から見下ろした時にランプが丸見えだと失敗。まぶしくて不快に感じますし、見た目もおしゃれではありません。

天井からつるすペンダントライトを選ぶときは、リビングの2階からランプが丸見えにならないシェード(照明の笠)を選びましょう。

元家具屋
ペンダントライトは壁面が暗くなり、シェードによっては2階から見下ろすとまぶしく感じるので注意。

吹き抜けにおすすめの照明

では、吹き抜けにはどんな照明が適しているのでしょうか?

おすすめをピックアップしておくので、照明選びのご参考にしてください。

ブラケットライト

これから家を建てる、リフォームで照明を壁面に設置できる場合は、「ブラケットライト」がおすすめ。

ブラケットライトにも、反射板の内蔵により光が効率よく広がるタイプや、角度を変えられるスポットライトタイプ などがあります。

手の届きやすい位置にブラケットライトを取り付け、光を上方向に照らせば開放感が生まれます。

フロアライト

すでに吹き抜けのある住宅に住んでいて、工事ができないのであれば、「フロアライト」を置きましょう。

アッパータイプ(上方向に光が向く)の背の高いフロアライトを設置すれば、伸びやかで広がりを強調できます。

高い位置に設置するブラケットよりもメンテナンスが容易で、簡単に設置できます。

ペンダントライト

吹き抜けにペンダントライトを設置する場合は、シェードのデザインを確認してください。吹き抜けの2階からランプが丸見えだと、まぶしく感じます。

ただし、光が下方向に向いているペンダントライトは、天井部分が暗くなります。上に光が向くフロアスタンドなどを組み合わせましょう。

ペンダントライトを取り付ける場合、天井に手が届くか十分に確認してくださいね。

まとめ

リビングや玄関の吹き抜けに照明を設置するときのポイントをまとめます。

  1. 電球の交換や掃除がしやすい位置に取り付ける
  2. 吹き抜けの壁面を上に向かって明るくする
  3. 2階から見下ろしてまぶしくないデザインを選ぶ

新居やリフォームで吹き抜けに照明を取り付けるなら「ブラケットライト」、工事ができない賃貸住宅にはアッパータイプの「フロアライト」がおすすめです。

このサイトの運営者

管理人
インテリアの専門学校を卒業し、家具屋に勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

みんなが読んでる記事

おしゃれな家具のおすすめ通販サイト 1

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安く ...

おすすめのビーズクッション 2

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソ ...

6畳のインテリアレイアウトの実例 3

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 4

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻 ...

インテリアのおすすめの本 5

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販で ...

-家電, 照明
-,

Copyright© インテリアスタイル , 2017 AllRights Reserved.