インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

寝室のコーディネートとレイアウト方法

インテリア計画 レイアウト

寝室のインテリアコーディネートの基本とレイアウトの実例

更新日:

1日の疲れを癒やし、翌日の再出地点でもある寝室。ベッドの快適さはもちろん、家具の配置やコーディネートが重要です。

ストレスを感じることなくインテリアコーディネートやレイアウトを考えることが基本ですが、自分で考えるのは難しいところ。

そこでこの記事では、寝室のインテリアコーディネートのポイントと、4.5畳・6畳・8畳・10畳のレイアウトの実例をご紹介します。

スポンサーリンク

寝室のコーディネートのポイント

寝室のインテリアコーディネートで参考になるのが「一流ホテル」。お客様がスムーズに睡眠ができるような空間を、インテリアのプロが考えているからです。

では、一流ホテルではどのようなインテリアコーディネートを行っているのでしょうか?

ポイントは「色彩」「ベッドの向き」「照明」の3つです。

色彩が印象を左右する

寝室の色の選び方

「インテリア」というと、家具や雑貨選びを重視しがちですが、コーディネートで重要になるのが色彩計画。

寝室のインテリアのイメージを決定づけるほか、心理的に大きく作用します。

寝室の色彩計画では、落ち着いたカラーをベースにします。赤などの激しい色や、ブルーなどの憂鬱な色は避けましょう。

一流ホテルを見てみると、どの寝室も落ち着いた色をベースにしていますよね?

アースカラーやパステルカラーを選ぶと、落ち着きのある穏やかな雰囲気が演出でき、自然とリラックスができます。

ベッドの向きに気を付ける

寝室のベッドの向き

寝室に腰高の窓があると、ついヘッドボードを窓に向けたくなりますが、これは間違い。

ベッドで横になったときに頭の上に窓があると、朝方は日光が顔に当たり、冬は頭を冷やします。ヘッドボードは、窓のない壁面にくっつけましょう。

ベッドの両脇もスペースを空けておくこと。余裕がないと、ベッドメイキングのときに不便に感じます。

照明は一室多灯が基本

寝室にある多種多様な照明

寝室で特に力を入れてほしいインテリアが照明です。

シーリングライトがあっても、まぶしくて不快に感じるだけなので、なるべく使わないようにするのが基本。

ナイトテーブルの上にスタンド型の照明を設けたり、間接照明でリラックスできるように演出するなど、小さい照明を組み合わせましょう。

寝室のおしゃれな照明
寝室を照明でおしゃれに演出!選び方とおすすめのライトは?

寝室はベッドが部屋を占領しているため、おしゃれに演出するのが ...

続きを見る

ベッドルームの広さ別のレイアウト方法

4.5~10畳までのレイアウト方法をご紹介するので、ご自宅の寝室の広さに当てはめながら、ベッドのサイズや位置を決めましょう。

4.5畳のレイアウト

4.5畳の寝室のレイアウト

4.5畳ほどの広さの寝室であれば、シングルサイズのベッドを余裕でレイアウトができます。

ベッドをレイアウトするときは、コーナーに寄せてスペースを有効に使いましょう。壁からベッドは10cm以上を空けておくと、シーツの交換が快適です。

間取りの形によってはダブルベッドも置けますが、寸法をよく確認してください。ダブルベッド以外の家具は、ほとんどレイアウトができません。

6畳のレイアウト

6畳のベッドルームのレイアウト

寝室に6畳ほどの広さがあれば、ダブルベッドをレイアウトしても余裕があります。

ただし、「レイアウトができるから」と必要のない家具まで置いてしまうと、寝室を圧迫します。

ベッド以外には、ナイトテーブルが両サイドに2つあれば十分。本当に必要であれば、チェストなどを買いそろえましょう。

6畳のインテリアレイアウトの実例
6畳のインテリアレイアウトの基本と各部屋の実例

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

続きを見る

8畳のレイアウト

寝室に8畳も広さがあるのなら、さまざまなレイアウトが考えられます。

8畳の寝室のレイアウト1

ダブルベッドをレイアウトする場合、左右にゆとりがあるので、壁際に寄せましょう。空いたスペースにはデスクやドレッサーが配置できます。

夫婦がお互いのプライベートを重視したいのであれば、シングルベッドを2台レイアウトする「ツイン」という手もあります。

8畳の寝室のレイアウト2

ツインにする場合、ベッドの中間にレイアウトする家具で寝室の雰囲気が大きく異なります。

観葉植物やナイトテーブルをレイアウトすれば開放的に、サイドボードでしっかり仕切れば、より独立した雰囲気になります。

10畳のレイアウト

10畳の広さがあるのなら、寝る以外の多目的な使い道が考えられます。

10畳の寝室のレイアウト

リラックスしたいのなら、ソファとテレビボードをレイアウトして映画を楽しむことも可能。

また、1人掛けのソファを対にして、ホテルのようにくつろぐスペースを設けることもできます。

ただし、「余裕があるから」と無理にスペースを作っても使わなくなります。逆にあまり家具をレイアウトしないと閑散としたイメージになってしまいます。

バランスを考えながら、空いたスペースの使い道をじっくり考えましょう。

寝室の「4大家具」の選び方

寝室で主役になるのがベッドとマットレス。それに次いで、ナイトテーブルや必要に応じてチェストが必要になります。

それぞれの家具の選び方のポイントを見ていきましょう。

マットレス

寝室のマットレスの選び方

ベッド選びで重要なのがマットレス。ベッドフレームは見た目や機能などの付加価値的なものでしかありません。

マットレスは、スプリングの種類や素材によって寝心地が大きく異なります。快適な睡眠を得たいのなら、多少は高くても良質なものを選ぶこと。

選ぶときは、立ち姿と同じ姿勢で寝られる硬さがベスト。やわらか過ぎず、硬すぎず、自然な寝姿勢が保てるマットレスを選びましょう。

マットレスを探す

ベッドフレーム

寝室のベッドフレームの選び方

ベッドフレーム選びでポイントになるのがデザイン面。

本体の色と素材が、寝室のインテリアに溶け込まないと違和感を覚えます。フローリングに近い色のフレームを選ぶなど、デザインの統一感を意識します。

ベッド下の引き出しは収納力アップにつながりますが、引き出すときのスペースの確保が必要です。余裕がなければ、跳ね上げ式のベッドフレームがおすすめ。

ベッドフレームを探す

ナイトテーブル

寝室のテーブルスタンド

ナイトテーブルは、照明や時計、スマホなどの小物を置くときに役に立ちます。

デザインは、ベッドフレームや寝室のフローリングと合わせるように意識しましょう。失敗したくないのなら、ベッドとセットになっているシリーズ商品を選ぶこと。

ベッドと同じくらいの高さのナイトテーブルを選ぶと快適です。椅子やスツールなどでも代用できます。

ナイトテーブルを探す

チェスト(収納棚)

寝室のチェストの選び方

チェストを選ぶときは高さに気をつけます。背の高いチェストは使い勝手が悪く、寝室に圧迫感を与えます。腰高よりも低い物を選んでください。

デザインは、ベッドフレームやナイトテーブルと統一させます。

寝室に備え付けのクローゼットなどがある場合、ムリに買いそろえる必要はありません。収納の容量が増えれば、モノが増える余裕も増えます。

チェストを探す

まとめ

寝室のインテリアコーディネートのポイントは3つ。

  • 落ち着いたカラーをベースにする
  • ヘッドボードは窓に向けない
  • 小さい照明を組み合わせて効果的に演出

これを基本に、部屋ごとの大きさに合わせて家具をレイアウトしていきます。

コーディネートやレイアウトで迷ったら、一流ホテルをイメージしましょう。ホテルならこういう配置をしてるかな?と比較しながらコーディネートすると、快眠のできる寝室になります。

このサイトの運営者

管理人
インテリアの専門学校を卒業し、家具屋に勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

みんなが読んでる記事5選

おしゃれな家具のおすすめ通販サイト 1

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安く ...

おすすめのビーズクッション 2

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソ ...

6畳のインテリアレイアウトの実例 3

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 4

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻 ...

インテリアのおすすめの本 5

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販で ...

-インテリア計画, レイアウト
-

Copyright© インテリアスタイル , 2017 AllRights Reserved.