インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家電 照明

居心地が良くなるダイニングの照明の選び方と組み合わせ例

2016/11/28

ダイニングの照明

照明は空間の雰囲気をガラッと変えるインテリアアイテム。

レストランのような居心地の良い空間にあこがれて、自宅のダイニングを照明で工夫しようと考える人は多いでしょう。

でも、いざ実践しようとしても「ダイニングの照明って、どうやって工夫すれば良いかわからない!」とお手上げ状態になるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ダイニングの照明の選び方から、組み合わせの例をご紹介します。

工事が不要で誰でも簡単に実践できる方法をご紹介するので、さいごまで安心して読み進めてください。

スポンサーリンク

ダイニングの照明選びの基本ルール

まずは、ダイニングの照明の基本的な選び方をご紹介します。

居心地が良くなるダイニングにするためには、基本をしっかりおさえましょう。

ペンダントライトを使う

ダイニングのペンダント照明

日本の多くの住宅では、天井にシーリングライトがあるはず。

しかし、ダイニングにシーリングライトがあっても、基本的には使用はしないこと。

部屋全体を均一に明るくしてくれますが、のっぺりした雰囲気が生まれます。

座る場所や向きによっては、ダイニングテーブルに影ができて食事がおいしく見えません。

自然と家族が集まり、会話も弾むようなダイニングを演出するためには、テーブルの上にペンダントライトを使用しましょう。

テーブルにできる「明かりだまり」は、ダイニングに集まる人の心をひとつにし、自然と会話が弾みます。

ペンダントライトを探す

温かみを演出できる照明を選ぶ

食事のための空間であるダイニングの照明は、食べ物や飲み物がおいしく見えることや、テーブルを囲む人の顔がきれいに見えることに気を配りましょう。

たとえば、高級レストランでは温かみを演出するために、オレンジ色のやわらかな光りを採用しています。青白い光りでは落ち着かないためです。

ダイニングの照明をオレンジ色にすれば、赤系の色を引き立てるので料理が生き生きと見え、モノに立体感を与えます。

ダイニングを囲む人たちの顔色や肌がキレイに見える効果もあります。

リビングダイニングは統一感を大切に

照明を計画するときは、つながっている空間とのバランスも考えること。

たとえば、リビングの明かりが白っぽくて、ダイニングの照明だけがオレンジ色だと違和感を覚えます。

連続した空間は、一体感を持たせるとおしゃれに見えます。

また、照明のデザインを選ぶときも、リビングダイニング全体のバランスを考えて選びましょう。

照明のデザインだけを統一させても意味がありません。

ダイニングのペンダントライトの適切な数と高さ

ペンダントライトをダイニングに設置するときに、「どれくらいの数を、どのくらいの高さに設置すれば良いのか分からない」といった悩みをよく耳にします。

照明は数や高さを間違えるだけで、居心地が悪くなります。分からない人は、きちんと基礎を身に付けましょう。

照明の数はテーブルの大きさで決める

ダイニングのペンダントライトの数は、「部屋の広さ」ではなく「テーブルの大きさ」で決まります。

  • テーブルの幅が60cmに60Wを1灯
  • テーブルの幅が80cmに100Wを1灯

たとえば、幅が120cmのダイニングテーブルを2人で使う場合、60Wを2灯用意すれば十分です。

明るさが足りないと感じる場合は、テーブルの中央にキャンドルを配置すると良いでしょう。

ペンダントライトのデザインによっては、ダイニングの天井部分が暗く感じることがあります。

ダイニング全体を明るくさせたい場合は、光の方向が上にも向いているシェードを選びましょう。

照明とテーブルの正しい高さ

ペンダントライトをダイニングの天井からつるすとき、適切な高さは決まっています。

低すぎると食事をするときに目線に入るので邪魔になり、高すぎると十分な明かりを得られません。

適切なペンダントライトの高さは、ダイニングテーブルから60~80cm離して設置します。この高さが良い理由は3つあります。

  • 料理を立体的に見せる
  • 向かい合う人の視線をさえぎらない
  • 光源が目見入らない

ダイニングの環境によっては微妙に異なるので、イスに座って確認しながら微調整しましょう。

ダイニングの照明の組み合わせ例

ここからは、ダイニングの照明の基礎知識を踏まえたうえで、実践的な組み合わせの例をご紹介します。

ライフスタイルによって最適な照明の組み合わせが異なるので、ご家庭のダイニングの使い方をイメージしながら選んでみましょう。

ペンダントライトのみ

シックなPH5のリプロダクト

ダイニングテーブルだけを明るくしたいのであれば、ペンダントライトだけで十分です。

ペンダントライトの選ぶときのポイントは、「ダイニングの広さ」と「テーブルの大きさ」とのバランスを考えること。

デザインだけで照明を選ぶと、シェードが大きすぎて部屋とのバランスに違和感を覚えます。

小さいペンダントライトをいくつかそろえるだけでも、見た目にもおしゃれで、食器をキラキラと輝かせてくれるでしょう。

ペンダントライトを探す

スポットライトのみ

ダイニングのスポット照明

天井からつるさないタイプのスポットライトは、ダイニング周りがスッキリ見えます。

また、照らす向きを自由に動かせるスポットライトを壁に向ければ、ダイニングがいつもよりも広く感じるはず。

単純に壁を照らしても意味がないので、光の先に絵画やアートを飾ると良いでしょう。レストランのようなおしゃれなダイニングが手軽に演出できます。

スポットライトは光の角度を変えられるので、部屋の模様替えなどでテーブルの位置を変える場合にも対応できるので便利。

取り付けはシーリングライトの代わりに交換ができます。工事も不要で、ダクトレールと同時にそろえれば、すぐに取り換えできます。

スポットライトを探す

天井照明+デスクライト

ダイニングのデスク照明

子どもがダイニングで勉強するときは、シーリングライトだけではNG。

照明を背にして座ったときに、手元が影になるので視力低下の原因をつくります。

子どもがダイニングで勉強するときの照明は、「部屋全体」と「手元」の明るさを確保する必要があるのです。

部屋全体の明るさはシーリングライトで確保し、手元の照明はデスクライトを使いましょう。

天井照明は、シーリングライトでなくても問題ありません。ペンダントライトやスポットライトなど、好みに応じて選びましょう。

デスクライトを探す

天井照明+キャンドル

ダイニングのキャンドル照明

シーリングライトやスポットライトなどの天井照明では、明るさが足りない場合があります。

また、「もっとムードを感じられるダイニングにしたい」と思う人も多いはず。

そんなときにおすすめなのが「キャンドルライト」。

ダイニングテーブルの上に置くだけで、高級レストランのような落ち着いた雰囲気を演出できます。

キャンドルの心を和ませてくれる温かな光は、ダイニングを囲む人の表情を穏やかに変化させてくれるのです。

キャンドルを選ぶときは、電池式のLEDキャンドルがおすすめ。火の臭いも気にならず、手軽におしゃれを楽しめます。

LEDキャンドルはコチラ

まとめ

ダイニングは照明の工夫が難しそうですが、ペンダントライトやキャンドルを置くだけで、手軽に雰囲気を変えられます。

ペンダントライトの数は、テーブルの幅60cmに60Wを1灯が目安。高さはテーブルから60~80cm離しましょう。

ダイニングの照明の色は、温かみを演出するオレンジ色がおすすめ。食卓を囲む人の顔の表情も良く見えます。

照明の組み合わせ方は、工夫次第でさまざまなパターンが考えられます。自分のライフスタイルを見直して、最適な組み合わせを見極めましょう。

たとえば、レストランのようなおしゃれな雰囲気を演出したい人は、スポットライトとキャンドルの組み合わせがおすすめ。

子どもが勉強するときは、シーリングライトとデスクライトを組み合わせると、目の負担が減り、快適に勉強ができます。

ダイニングをどのように使うのか見直して、照明を選びましょう。

実際にダイニングの照明を探すときは、照明の専門サイトがおすすめ。

照明の専門サイトなら、お近くにインテリアショップや照明のお店がない場合でも、手軽に探している照明が見つかります。

▼照明の専門サイトはコチラ
インテリア照明専門店のテラッセオ

-家電, 照明
-

おすすめの記事

おしゃれな家具の通販サイト 1
【プロが厳選】安くておしゃれな家具通販サイトのおすすめ11選

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安くておしゃれな家具が欲 ...

2
【マネするだけ】6畳の正しいインテリアレイアウト

6畳の部屋にインテリアをレイアウトしても、 部屋が狭く感じる ゴチャゴチャした感 ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 3
イームズチェアのリプロダクトのおすすめは?種類別に徹底紹介!

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻込みしてしまう人も多 ...