インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家電 照明

ワンルームを照明でおしゃれに変える3つのテクニック

2016/12/26

ワンルームを照明でおしゃれにする方法

ワンルームに住んでいる方は、部屋の単調な雰囲気に少し飽きるのではないでしょうか?

1つの空間で衣・食・住を共にするため、ご飯を食べるとき、部屋でくつろぐとき、寝るときまでも同じ部屋で過ごさなくてはなりません。

1日中ワンルームで過ごしていると、単調な雰囲気に息苦しさも感じますよね。

そんな悩みを解決するために、ワンルームをおしゃれに変えるための照明のテクニックをご紹介します。

低予算で工事の必要がない方法をご紹介するので、安心して読み進めてください。

スポンサーリンク

ワンルームの天井をダクトレールに変更

賃貸住宅のワンルームであれば、引っ越しをする前から、天井に「シーリングライト」が付いていると思います。

シーリングライトは、部屋全体を明るくしてくれる便利な照明。その反面、光の陰影が生まれないため、ワンルームが味気ない雰囲気になるデメリットがあります。

まずは、ワンルームの天井照明をダクトレールに変更しましょう。

ダクトレールって何?

ダクトレールとは、複数の照明をレール上の好きな場所に取り付けられるパーツです。

おしゃれなインテリアショップやレストランで見かけたことがあるのではないでしょうか?

店舗用としてよく知られたパーツですが、工事が不要で簡単に取り付けられるタイプもあるため、一般住宅でも普及しています。

我が家もシーリングライトからダクトレールに変更しました。交換・取り付けは1分で終わります。

シーリングライトの取り外し方法

ダクトレールへ交換する場合は、シーリングライトを取り外す必要があります。難しそうですが、女性でも簡単なので安心してください。

以下の3つのステップで取り外しができます。

  1. シーリングライトのカバーを回して外す
  2. 接続されているコネクターを外す
  3. 照明を支えながらレバーを左右に広げる

ワンルームの天井にあるシーリングライトが外れたら、配線器具にダクトレールが設置できます。

ダクトレールに取り付けられる照明

ダクトレールにはさまざまな照明が取り付けられますが、おすすめはスポットライト。

スポットライトを天井に設置すれば、ワンルームに飾ってあるインテリアをおしゃれに照らすことができます。

たとえば、好きな本を並べている棚、アート、お気に入りの家具などをスポットライトで照らすと効果的。

ダクトレールには、ペンダントライトも取り付けられます。ワンルームにダイニングテーブルを置く余裕があったら、ペンダントライトを設置すると良いかもしれません。

スポットライトを探す

棚の上のスキマを間接照明に活用

スポットライトだけでは明るさも足りませんし、またすぐに飽きる恐れもあります。

ワンルームを照明でおしゃれに変えるためには、複数の明かりを組み合わせるのが基本。2つ以上の照明器具を取り付けるのがおすすめです。

天井照明の次に取り入れたい照明が、棚の上のスキマを活用した「間接照明」。ワンルームのデッドスペースを活用しつつ、おしゃれに変化させます。

バーライトを棚の上に置くだけ

間接照明の取り付け方は、天井照明よりも簡単。バータイプの照明を棚の上に置くだけです。

天井から部屋全体にやわらかな光が広がり、幻想的でおしゃれな空間に変化します。

注意点は、棚の上と3~5cm以上の余裕を持たせること。スキマがないと天井が熱で焼ける恐れもありますし、光が十分に拡散しません。

棚がないワンルームの部屋や棚の上にスキマがない場合でも、ベッドの後ろにバーライトを置くだけでおしゃれな雰囲気がつくれますよ。

バーライトを見る

テレビ裏からのライトでおしゃれに演出

テレビ台を使った間接照明のテクニック

さいごにぜひ実践してほしいのが、テレビ周りの照明。

ワンルームの部屋で天井の明るい照明だけで映画を見ていても、なんか雰囲気を感じられませんよね?

だからと言って、映画館のように真っ暗にしてテレビを見ると、明るさが激しく変わる映像で目を傷めます。

ポイントは、テレビの周りだけを明るくること。目に優しく、映画館風のおしゃれな環境が整います。

テレビの裏に置ける照明は?

テレビの裏に置く照明は、明るくなればなんでも良いです。

棚の上のスキマで使うバーライトでも良いですし、ご自宅の使っていない小型の照明があれば、それを活用してください。

手元に何も照明がない場合は、安くて便利なクリップライトがおすすめ。1個1,000円くらいで手に入ります。

クリップライトはスポットライトのように方向性のある照明ですので、2つそろえて、左右に広がるように設置するとおしゃれになります。

クリップライトは、観葉植物を下から上に照らすときにも活躍します。ワンルームの壁面に植物のシルエットが広がり、おしゃれに演出できますよ。

クリップライトを見る

まとめ

ワンルームを照明でおしゃれにする方法をまとめます。

  • 天井照明をダクトレールに変更する
  • ダクトレールにはスポットライトを設置してインテリアを照らす
  • 棚の上のスキマにはバーライトを置く
  • テレビ裏から照明で明るくして映画館風に演出する

ワンルームは単調になりがちですが、照明を工夫すれば簡単におしゃれになります。

照明は、複数を組み合わせることで効果が高まります。マネできそうなテクニックから順に、実践してみてください。

-家電, 照明
-

みんなが読んでる記事

おしゃれな家具の通販サイト 1
【プロが厳選】安くておしゃれな家具通販サイトのおすすめ11選

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安くておしゃれな家具が欲 ...

おすすめのビーズクッション 2
ビーズクッションの決定版!無印より使えるおすすめは?

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソファ」が有名ですね。 ...

6畳のインテリアレイアウトの実例 3
6畳のインテリアレイアウトの基本と各部屋の実例

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴチャゴチャした感じに ...

4
イームズチェアのリプロダクトのおすすめは?種類別に徹底紹介!

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻込みしてしまう人も多 ...

インテリアのおすすめの本 5
センスが面白いほど伸びる!インテリアのおすすめ本7選

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販でも手軽に手に入るよう ...