インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家電 照明

知らないと恥ずかしい間接照明の本当の意味

2016/11/28

間接照明の意味

あなたは、間接照明の意味を正しく説明できますか?

本当の意味を知らないまま日常会話で多用しているなら、あなたは恥ずかしい思いをしている可能性があります。

恥をかく前に、きちんとした「間接照明」の意味を理解しましょう。

スポンサーリンク

間接照明は間違いだらけ

おしゃれな照明を何でも「間接照明」と若者の間で使われていますが、ほとんど意味が間違って使われています。

テレビで芸能人がテーブルランプやフロアライトを、間接照明と言っているのは良く見る光景。

オレンジ色の照明は何でも間接照明として認識しているようですが、それは違います。

素人が間違った意味を使うのは分かりますが、インターネットでも間違いが多くみられます。

ホントの意味は?

家庭で使われる照明の種類をざっくり2つに分けると、「間接型」と「拡散型」に分けられます。

間接照明は「間接型」

間接型とは、天井や壁面に光を当て、その反射を楽しむことを指します。光が壁に反射することによって、柔らかい光に変化し、雰囲気を効果的に演出することが目的です。これが間接照明です。

拡散型は間違い

拡散型とは、光が空間に広がることで、部屋全体を明るくすることです。光りが直接あたりを照らすので、雰囲気の演出よりも、明るくすることを目的としています。

つまり、フロアライトやスタンドライトなどを間接照明と表現するのは間違いです。間接的に光を当てることもできますが、そもそも明るくする目的は「拡散」にあるからです。

LOOK!
間接照明は、光を物体(天井や壁面)に当てて周囲を照らす。拡散照明は、光を直接広げて空間を明るくする。

まとめ

これで間接照明の本当の意味が理解ができたと思います。

周りの人が間違えた意味で使っていたら、そっと、教えてあげましょう。

→正しい意味が理解できたら、「間接照明のテクニック」もあわせてチェック!

-家電, 照明

おすすめの記事

おしゃれな家具の通販サイト 1
【プロが厳選】安くておしゃれな家具通販サイトのおすすめ11選

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安くておしゃれな家具が欲 ...

2
【マネするだけ】6畳の正しいインテリアレイアウト

6畳の部屋にインテリアをレイアウトしても、 部屋が狭く感じる ゴチャゴチャした感 ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 3
イームズチェアのリプロダクトのおすすめは?種類別に徹底紹介!

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻込みしてしまう人も多 ...